これが一般男性の感覚です!「初対面から馴れ馴れしい」と思う女の行動3つ

これが一般男性の感覚です!「初対面から馴れ馴れしい」と思う女の行動3つ

記事画像

初めて会った男性が好みのタイプだった! そんなとき自分に興味を持ってもらおうと、色々な恋愛テクニックを使うこともあるでしょう。しかし、その行動があだとなり、彼に「この女、馴れ馴れしい」と思われてしまうこともあるんです。そこで今回はチャラっぽくない普通の男性が初対面の女性にされると、“馴れ馴れしいと思う行動”について見ていきたいと思います。

[hoge]

【連載】ちょっとエッチな心理テストVol.6「あなたの好きな攻められ方」

【連載】ちょっとエッチな心理テストVol.6「あなたの好きな攻められ方」

【連載】ちょっとエッチな心理テストVol.6「あなたの好きな攻められ方」
1:会ったばかりなのに呼び捨て
「名前なんていうの? ふ〜ん。じゃぁ、ケンジって呼んでいい?」

出会ったばかりの男性に親近感を抱いてもらおうと、苗字ではなく、あえて男性の名前を“呼び捨てにする”という恋愛テクニックがあります。

[related_slide]

しかし、男性によっては、その“名前で呼び捨て”という行為を、馴れ馴れしいと感じることもあるのです。
一言「なんて呼べばいい?」と訊いてみる
「会ったばかりで、まだ友達になったのかどうかも微妙なときに、名前で呼び捨てにされると、馴れ馴れしい子だなぁと思っちゃいますね」(Aくん、25歳/会社員)

ノリの良い男性ならば、名前を呼び捨てにされても喜ぶでしょうが、真面目な男性は女性に対しても真面目なので、急に名前を呼び捨てにされると、驚きますし、その行動を馴れ馴れしいと感じます。

とはいえ、彼の呼び方を工夫するというのは、二人の距離を縮める有効なテクニックですから、まずは「なんて呼べばいい?」と質問をしてから、「じゃぁ、名前で呼んでもいいかな?」と話を進めましょう。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:大袈裟に褒めてくる
「すっごいイケメンですね! 会えてうれしいです!」

“男性を褒める”という行為、これも恋愛テクニックの常識ですよね。

人間は誰しも他人から褒められると嬉しいものです。特に初対面の素敵な女性から「背が高いね!」「イケメンだね!」などと褒められると、男性は天に舞い上がるほど喜びます。

しかし、そのためには相手の女性が本当にそう思っているだろうという“自然な感じ”がしないとダメで、褒め方が大袈裟だと、男は喜ぶどころか、逆に「わざとらしいなぁ」と思うんです。
褒め過ぎるのもNG
「初対面の女性が大袈裟に自分のことを褒めてくると、“まだ会って数分なのにオレの何がわかるんだ!”って思いますね。わざとらしく過剰に褒められても、馴れ馴れしいと思うだけです」(Bくん、26歳/会社員)

特に初対面の女性が自分のことを褒めてくれる場合、もちろん男性は「嬉しいなぁ」と思います。

考えが単純な男性であれば、それで満足してくれるので問題ありませんが、Bくんのように、“褒め”の裏側に隠された、女性の真意を推し量ろうとしてくる男性は、女性の言葉に“わざとらしさ”を感じ取ると、褒め言葉を素直に受け取ってくれなくなります。

出会ってすぐに男性のことを褒めまくると、うさんくさい感じが出てしまいます。褒め言葉は、彼との距離を縮めながら少しずつ出していくのがよいでしょう。

 
3:下心見え見えのボディタッチ
「やだ〜、ケンジさんったら。(バシッ)」

男性との距離感を縮めるのならばボディタッチ。これも恋愛テクニックとしては有名ですよね。

多くの男性は女性からのボディタッチを好みます。しかし、男性の中には「好きでもない女の子からは触られたくない!」とお堅い考えを持った人もおり、露骨なボディタッチを好まないこともあるんです。
馴れ馴れしいだけで嬉しくない
「会ったばかりなのに、すぐさまボディタッチしてくるような女の子は、嬉しいというよりも、下心が見え見えな感じがして、“あざといなぁ”とか“馴れ馴れしいなぁ”って思いますね」(Cくん、27歳/会社員)

ボディタッチは確かに男性との距離を縮めてくれます。しかし、まだ“初対面”という間柄で積極的なボディタッチをしてしまうと、男性から「距離の取りかた違うよね?」と思われるのです。

スケベな男なら、あなたの積極的なボディタッチを受け入れてくれるでしょうが、真面目な男性は、ボディタッチに女性の下心を感じて警戒します。

男性が生真面目そうだったら、ボディタッチ作戦は考え直しましょう。

 

いかがでしたか?

初対面のイケメン男子と早く仲良くなりたい気持ちはわかります。しかし、一度その距離の詰め方を間違えてしまうと、彼と仲良くなる機会も遠のいてしまうので注意してくださいね。

 

関連記事(外部サイト)