「どうしても結婚したかった…」カレシ相手に暴挙に出た結果!?

「どうしても結婚したかった…」カレシ相手に暴挙に出た結果!?

記事画像

彼の気持ちが知りたい……。そんな風に思ってしまうと暴走しちゃう女子もいます。結婚は考えているの? 私のこと本当に好きなの? など不安になりすぎると、自分でも想定しなかったような暴挙に出てしまうことも……。筆者が見聞きした暴走エピソードから、驚愕の2選をお伝えします。彼女たちの失敗例から学んでいきましょう!

1:便箋2枚に想いを込めて……
交際3年目を迎えた彼の結婚意思に関する真意を知りたかったAちゃんは、ある日、突然思い立ったように行動に出ます。

本人としては長い期間思い悩んだ末の行動だったようですが、彼にしてみればドン引き以外の何物でもなかったソノ行動とは……!?
「長文の手紙を送りつける」
彼に面と向かって結婚の真意を聞き出す勇気がなかったAちゃんは、便箋2枚にびっしりと想いが書かれた手紙を彼の自宅に郵送します。

「きっと、彼も私の本気っぷりをわかってくれるはず。そろそろプロポーズかな!?」と、ご満悦だったのですが……。
結果は失敗。
その手紙を読んだ彼は「俺はまだ結婚が考えられないから、そんなに結婚願望があるなら別の男性を選んだほうが早いと思う」。

アッサリ振られてしまいました。

Aちゃんは、延々と想いが書かれた便箋2枚分の手紙を「相当に重かったよね! なんであんなことしたんだろ〜。今振り返るとコワイわ」と、3年経ってから笑い話にしていますが、思いつめてしまった女子ゆえの暴挙“あるある”ですね。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:彼ママを味方に……?
適齢期を迎え、どうしても結婚にこぎつけたかったBちゃんもある日トンデモ行動に出てしまいました。

その方法とは……
「彼に内緒で彼ママに会いに行く」
「結婚するなら外堀から!」とばかりに、彼には内緒で彼ママに味方になってもらおうと思ったBちゃん。

ところが、「Bちゃんが思いつめた様子でウチに来た」と彼ママから彼に報告があり、こっそり実家に訪れたことがバレてしまいます。

結果は……
「重い」という理由でフラれた
親を味方につけて外堀を固めるはずが、彼女の行動が「重い」と感じさせる結果となり、あえなく撃沈です。

Bちゃんは、それまで彼ママと良い関係だったからこそ「絶対に私の味方になってくれるはず」と踏んだそうですが、母親は息子の意思を尊重するのが常。

彼の実家に相談に行くという行動は暴挙とみなされてしまい、フラれる結果を招いてしまいました。

それから2年経った今、Bちゃんは別の男性と幸せな結婚生活を営んでいます。

 
失敗例から学んでいこう!
これらのエピソードは、撃沈に終わった失敗例。

AちゃんもBちゃんも、今となっては「彼への気持ちが募るあまりに、普段の自分ならしないことをしていた」と振り返っています。

恋はときに人を狂わせるものだけに、トンデモない暴挙に出てしまうのも“あるある”のひとつ。

しかし、こんな失敗例もあることを学びとして、暴走しそうになった自分を止める参考になさってくださいませ。

暴走するなら別の方法のほうが、狙い通りの結果が得やすいかもしれません!

 

関連記事(外部サイト)