初キスは「付き合う前or付き合ってから」あなたに合うのは…?

初キスは「付き合う前or付き合ってから」あなたに合うのは…?

記事画像

みなさんキスはちゃんと付き合ってからしていますか? 付き合うかどうか、自分の気持ちを確かめるためにも、付き合う前にする……という人もいるのではないでしょうか。キスは付き合う前or付き合った後、はたしてどちらがいいのか? 今回は3人の恋愛コラムニストにそれぞれの意見を聞いてみました。

「付き合ってから」派の意見!
トップバッターはスポニチで『熟じゅく美魔女対談』を連載していた箱崎キョウコさん。『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者でもあります。

「案ずるより産むが易し」がモットーという箱崎さんは、やはりとりあえずキスしちゃうのでしょうか?
キス前に告白されるために……
箱崎「男性から“付き合おう”を引き出すために、女性が切り札として持っているカードは2枚あります。1枚目がキス、そして2枚目がエッチです。

男性は最終目標のエッチにたどりつきたいわけですが、“ちゃんと付き合う”という責任と引き換えにしないと、ヤリ逃げされて終わり。

というわけで、“エッチしたい”という男性の欲望を大いに活用し、“付き合おう”と告白させるモチベーションに変えさせる作戦が使えるわけですが、最後の切り札である“エッチ”の前に、“キス”は女性が使える最初のカードとなるわけです。

キスされそうになったら、一度拒む姿勢を見せ、“えっ。なんで? どうしてキスしようとするの?”と、言葉に出して問う。そうすれば、ここで“好きだから”と告白される確率が高まります。

というわけで、私は、“付き合ってからキス”派ですね」

【注目の記事】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 

続いて元Menjoy!ライターで、官能小説家の小川沙耶さんにお聞きします。官能小説と聞くと、なにかキスというより接吻。情事の前の秘め事……、交際の有無は関係なさそうなイメージですが、はたして?
甘美な葛藤を味わうために……
沙耶「キスは付き合ってから。そう決めておいたほうが、いいのではないでしょうか? なるべく自分自身のルールを厳しくしておいたほうが、その分、それを破ってしまったときの背徳感と解放感が増しますよ。

“まだ……付き合ってない。けど……もぅ我慢できない……ッ”という甘美な葛藤は、“キスは付き合ってからじゃないとしない!”と決めておかないかぎり、感じることができないですよね。

いきなり“……んンッ!?”とくちびるを奪われたときだって、“付き合わないとキスしません”というパーソナリティでいないと、“も〜!”なんて軽い反応になってしまいます。それでは男性もがっかりです。

というわけで、私は“付き合ってから”をオススメします」

 
「付き合う前」派の意見!
最後は、『キャバ嬢とヤれる極意』の著者ナナミ・ブルボンヌさんです。No.1キャバ嬢時代につちかった数々のモテテクをいろいろなメディアで紹介しているナナミさん。やはりキスもテクのひとつとして使うのでしょうか?

デートというなら最後にキスまで!
ナナミ「私はデートしたら、よほどナシな相手ではないかぎり、最後にちゃんとキスまでします。それは、付き合う前ですね。最初のデートでは付き合わないですから。

キスまでしてみないと、自分の相手への気持ちがどんなものか? わからない部分もあると思うんですよ。相手もそうだろうし。

それと、付き合う前のデートって、相手をみることだけじゃなく、お互い「好きになっていくこと」が重要なポイントですよね。一緒に食事して、飲んで、たくさん話して、そしてキスして……。

そこまでしないと、相手のことがわからないし、好きになる努力もしていない。それはデートって言わない気がするんです。

だから私は、最初のデートでキスまでと決めているので、“付き合う前にキス”派です」

 

というわけで、三者三様の意見でしたが、いかがでしたか? 自分の恋愛観と近いかな?って感じた人の意見を参考に、「自分はどっちのタイプだろう」と考えるきっかけにしてみてくださいね!

 

 

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・育児にがんばる4児の母。「案ずるより産むが易し」がモットー。趣味はボルダリング。著書に『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』、『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』がある。

小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。著作に『女性社員から「きもい」と言われない働き方』ほか、多数。

ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』絶賛発売中。

関連記事(外部サイト)