ヘタクソ!男が好きな子にする「焦らしLINEスルー」の見破り方3つ

ヘタクソ!男が好きな子にする「焦らしLINEスルー」の見破り方3つ

記事画像

好きな人にLINEをスルーされると、「あれ、どうしたんだろう……?」と不安になってしまいますよね。変なこと言ったかな、嫌われちゃったかな……、悪いことばかりが頭をぐるぐる。ですがその無慈悲なスルー、あなたのことが好きだから「焦らし」でやっている可能性も! 『モテ女子になれるLINE恋活』の著者塚田牧夫さんに“焦らしスルー”の見破り方を教えてもらいましょう。

1:予定がもう決まっている
塚田「もし、次に会う予定がすでに決まっているときのスルーであるならば、1ミリも気にする必要はないですね。

“その予定もなくなっちゃうのかな?”とか“他の予定をたてたほうがいいかな……”などと思い悩む必要はありません。

次が決まっているからこそ、その安心感からしてくる、かわいいスルーです」
女心をわかっていない恋愛テク
塚田「これは、“会えないかものドキドキで恋心を燃やしてもらおう”という作戦なのかもしれませんが、“会うときまでに愛情を高めていきたいのに〜!”という女心を完全にわかっていませんね。

こちらが大人になって、のってあげると密かに喜びますよ。逆にあまりに冷静だと、自分でしかけたくせに、“俺のことあまり好きじゃないのかな?”と勘ぐりだすので注意してください」

【注目の記事】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:あきらかにおかしいタイミング
塚田「そのスルーが、あきらかに話の途中なのに……というおかしいタイミングだったら、これも気にする必要はないですね。

“そういう変な恋愛テクを使う人なんだ……”とそっちを気にしたほうがいいかもしれませんが」
焦らしになっていないけど?
塚田「“それでさ、その人、じつは部長だったの!”

例えばこういうLINEは、“?”がなくてもあきらかに会話の途中。“ウソ!”とか“へー。大変じゃん”とか、なんでもいいので、返しをするのが普通です。逆に返さないで終わるのはコミュニケーションが成り立っていなく、気持ち悪いでしょう。

どのくらいの期間をスルーと感じるかは、相手とのペースにもよりますが、あなたが“あれ?”と感じるようなおかしな会話の断裂があるとき、相手は“焦らしテク”を使っているかもしれません。

“なんでここで話が終わるの?”と思わせちゃっている時点で、変な人と感じさせているだけで、焦らしにはなっていないですけどね。好きになるどころか、嫌いになっちゃいますね。」

 
3:似合わない俺様キャラ
塚田「アニメやドラマなどでは人気の“俺様キャラ”男子ですが、実際にはなかなかいないもの。クールきどりで変に偉そうにしていたら、同じ男子コミュニティのゴリラキャラに叩かれますから、それなりの謙虚さは持ち合わせているはずです」
LINEが苦手だからテクでも読んだの?
塚田「ところが、いい人だと思ってLINE交換したら、なんとなくLINEだと高圧的……似合わないけど、俺様キャラなイメージ。どこかで変なLINE恋愛テクでも読んじゃったのでしょうか?

こんな男子が繰り出してくるスルーも、ただの“焦らし”の可能性は大ですね。似合わない俺様キャラに、似合わないスルー。ほとんどの女子からみたら、“ただのコミュニケーションが苦手な人”。

あなたもそのように解釈してしまって大丈夫です」

 

男子が好きな子にする「焦らしスルー」の特徴をご紹介しました。これで妙なスルーがきても、もう恐れることはありません。「そんなに私のことが好きなのかなぁ」と生あたたかい目で見守ってあげてください。

 

関連記事(外部サイト)