やっぱりLINEが使える!「告白されやすい女」になる方法3つ

やっぱりLINEが使える!「告白されやすい女」になる方法3つ

記事画像

男が次から次へと現れ、彼氏が途切れない女性っていますよね。自分からアプローチしなくても、男性のほうから次々と告白してきてくれる……。そんな“告白されやすい女”になるためには、どのような行動を心がければよいのでしょうか? 今回は“告白されやすい女になる方法”をご紹介します。

1:飲みの誘いは断らない
「飲みに誘ってすぐ応じてくれると、恋が進展しやすい気がしますね」(Aくん、26歳/会社員)

「まずは一緒にお酒を飲むところからだと思うので、その最初のお誘いに応じてくれると、関係が発展しやすくなると思います」(Bくん、27歳/会社員)
サシ飲みから恋が始まる
“告白されやすい女”は、飲み会のお誘いを断りません。

男性の多くは、自分が気になった女性を飲みに誘います。そして、飲みを通じて、相手のことをチェック。そこで改めて「いい子だなぁ」と思ったとき、デートに誘ったり、告白を考えたりします。

「飲もうよ」という男性からのお誘いを断わってしまうと、男性は勝手に「オレ、脈ナシだな」と判断してしまうことも。

男性はお酒の力を借りて告白を決意することも多いですから、彼と飲みに行くだけで、もしかしたら告白されちゃうかもしれませんよ。
【注目の記事】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」
 
2:こっちからLINEを送る
「女の子のほうからLINEを送ってくれると、“脈アリなのかな?”と思って気になりますね」(Aくん、26歳/会社員)
「オレに好意があるのかな?」と思う
女性の様子を見て“勝機アリ”と判断できないと、告白をためらう男性は多いもの。相手の女性が自分のことを100%好きだと確認できないとダメなのです。

とくに相手の好意を測る一つの基準として、LINEが送られてくるか?ということを気にします。

当たり前のことですが、嫌いな人に自分からLINEを送る人間なんていませんよね。LINEを送ってくれるということは、少なくとも嫌われていない証拠になります。

どんな話題でもよいので、あなたのほうから男性にLINEを送ってあげることで、男性は自信をもち、その結果として、あなたに告白してくれる……というわけです。

 
3:「彼氏募集中」と公言する
「彼氏募集中だって宣言してくれると、アプローチしやすくなりますね」(Bくん、27歳/会社員)

「“彼氏が欲しい”と明言している子は、落とせそうな気がするので、頑張っちゃいますね」(Cくん、27歳/会社員)
まずは“フリー宣言”
あなたに彼氏がいれば、男性たちはあなたへの告白をためらいます。当たり前ですよね。

周囲の男性たちから“告白されやすい女”は、彼氏がいないとき「彼氏がいない!」と声高らかに宣言。自分が彼氏募集中であることを公言し、男性たちに「アプロ―チしてもOKだよ!」と伝えるのです。

あなたの“フリー宣言”を聞いた男性たちは、「ならアプローチしてみようかな」と、考えることができるようになります。

あなたに対して密かな恋心を抱いていた男性がいたら、すぐに彼氏候補として名乗り出てくる可能性だってあるでしょう。

「彼氏が欲しい!」と公言している女性のほうが、アプローチしやすく感じられますから、心理的なハードルを下げる効果も見込めます。

フリーを宣言するだけで、色々な男性達があなたのことを射止めようと動き出してくれるのです。

 

いかがでしたか?

ちょっとの違いで大違い。告白されやすい女性には、上記のような特徴があったのですね。「そろそろ彼氏ほしいな」と思ったら、一つでも取り入れてみてくださいね。

 

関連記事(外部サイト)