もうメロメロ!「本命の彼が近づいてくる」メンタリズムのテク3つ

もうメロメロ!「本命の彼が近づいてくる」メンタリズムのテク3つ

記事画像

最近はやりのメンタリズム! でも専門家でもないし、どうやったらできるのか、わからないよー……。ご安心ください! 催眠術師の筆者が、あなたにも簡単にできる、本命彼を落とすメンタリズム3か条を公開しちゃいます。あなたのメンタリズムで彼をメロメロにしてみませんか?

1:魅力的にみせるメンタリズム
まずは、あなた自身を彼にとって魅力的な女に見せるメンタリズムから、マスターしましょう!

魅力的な女に見せるためには、“錯覚”を上手に使うことが大切です。

錯覚や錯視と呼ばれるものには色々な種類があるのですが、顔の片側から見た表情でその人のことを判断するのも錯覚のひとつ。

あくまでも片側の表情ですが、それがその人のすべての表情のように思えるんですね。

では、どちら側がより魅力的に思えるのでしょうか?
女の場合は顔の左側を見せる
人間なら誰しもそうなのですが、特に女性の場合は、「顔の左側」を相手に見せるほうが美人に見える……とメンタリズムの世界では、言われています。

なぜか?

顔の右側を動かしているのは、理性を司る左脳です。一方顔の左側を動かしているのは、感情を司る右脳だ……ということは、多くの方がご存知でしょう。

このため、あなたが感情的に表現したいものを、よりよく表現してくれる側が、右脳に直結した、顔の左側なのです。

嬉しいときは喜びを、楽しいときは楽しさを、どんどん表現していきますので、相手にとっては大変親しみやすく、愛らしく見えるようになるというわけ。

なお、女性は左側を……と言われる理由は、男性の場合には理性的な自分を演出したいときは右側を見せていったほうが良いケースもあるため。

「顔の左側を相手に見せるには、自分が相手の右側に座るべし」という鉄則を覚えておきましょう!

 
2:情の空間ポジションを利用する
心理的に、空間は3つの種類に分れている……という話を知っていますか?

空間は、“理性の空間”、“情の空間”、“恐怖の空間”の3種類に分けられます。

理性の空間とは、真っ正面のこと。

恐怖の空間は、真横から後ろ側、つまり見えない位置のことを指します。

そして、情の空間は、相手をリラックスさせることのできる空間を指しています。さて、情の空間とはどこでしょうか?
斜め45度の法則
情の空間とは、人の左右ななめ45度の空間を指します。

つまり、体後方にあたる恐怖の空間以外の、前面180度のうち、正面の90度が理性の空間。

左右に残った45度ずつの範囲内が、情の空間というわけ!

この情の空間から話しかけてくる相手に対しては、人間は心を開き、安心感と親近感を持って過ごすことができます。

したがって、カウンセラーはもちろん、少しでも心理学の知識のある接客業や営業担当者などは、顧客に対して正対せず、情の空間からアプローチを行うのです。

もちろん恋愛においても、アプローチは理性の空間ではなく、情の空間から行うのが正解!

相手からより信頼感や親近感を持ってもらい、恋愛を成功に導く助けとなるでしょう。
【夏特集】「LOVE×ニオイ」汗・ニオイケアできてますか?
 
3:親近効果を使う
第一印象と、その日別れたときの印象。

どちらのほうが大切だと思いますか?

第一印象は、その人の印象を左右するもので(これを初頭効果と言います)、ここでつまづいてしまうとその後印象を良くしていくことは難しいですから、それはそれでとても大切なもの。

しかし、第一印象に突出した差がない限り、人の精神には“親近効果”という習性もあるということを覚えておきたいものです。
最後に受けた刺激は印象に残る
人間の心は、第一印象とともに、“最後に受けた刺激を印象に残す”という習性を持っているのです。これを親近効果と言います。

親近効果は、主に合コンなどの短期決戦の場で効果を発揮することが多いスキルです。

もちろん第一印象は大切ですが、別れ際に「今日は楽しかった! ありがとう」など会話をする時間を持ったり、帰る方向が同じなら「同じほうに行くから、一緒に帰りませんか?」と持ちかけたり。

自分の“最後の印象”を積極的に作り上げるのが正解!

もし合コンの最中に、目当ての男性とたくさん話すことができなくても、終盤に集中して会話できると良いでしょう。

 
メンタリズムで彼と気持ちを通わせよう
メンタリズムの中でも、専門家でなくても利用しやすいものをご紹介しました。

好きな人の左側に座ったり、ナナメから話しかけたりするだけなんて、とても簡単ですね!

こんなことで差がついちゃうなんて。

簡単なようで奥が深〜いメンタリズム、どんどん活用していただきたいと思います!

 

関連記事(外部サイト)