みんなどうしてる?「入籍日を決めた理由」を聞いてみた結果…

みんなどうしてる?「入籍日を決めた理由」を聞いてみた結果…

記事画像

結婚を具体的に考え始めたカップルは、次に結婚までのスケジュールを考えることでしょう。そこで決めなければいけない大事なことのひとつが、入籍日です。籍を入れてしまえば、記念日として一生思い出に残るもの。そこには夫婦ごとの色々な考えがあるようで……。そこで今回は、みんなどの様に入籍日を決めているのか既婚女性に聞いてみました!

1:誕生日の前の日
「夫の方が学年で言うと一つ年下なんです。でも年上女房になるのは嫌だったので、私の誕生日の前日を入籍日にしてもらって、2人が同じ年の最後の日に結婚しました」(Kさん/39歳)

――その日にして「良かったこと」「悪かったこと」ってありますか?

「良かったのは、記念日を夫が忘れないことですかね。悪かったことと言えば、誕生日と記念日が連続するので、お祝いが1度になることかも(笑)」

とっても可愛らしくて、素敵な理由だと思いませんか? 学校を卒業すると、いわゆる“学年”の意識はなくなりますが、それでも女性は少しでも若い気分を味わいたいんでしょうね。いじらしさに思わずキュンとしちゃうエピソードです。

 
2:つらい思い出のある日
「私と夫が入籍日に決めたのは、私にとってトラウマがある日で、前に付き合ってた人との赤ちゃんを中絶した日なんです。“いつにしようか?”って考えてたときに彼が提案してくれたんですけど」(Yさん/34歳)

――なんでその日を選んだんですか?

「トラウマがある日って毎年いやな気分を思い出しちゃうじゃないですか。私の場合は赤ちゃんのことを毎年その日には思い出してしまうので……。

だからこそ、いい思い出も作りたいって。その気持ちがすごく嬉しくて、“あぁ、これからは彼と一緒にやっていくんだ”って温かい気持ちになりました」

彼のその気持ちが嬉しいですね。辛いことや悪いことがあった日は、また同じことが起こりそうな気がして避けてしまいがちですが、そこをあえて“幸せな日”にしてしまうという発想。彼の心遣いが感じられます。
【注目の記事】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」
 
3:2人が初めて出会った日
「単純かもしれないけど、彼と初めて出会った日に決めました」(Iさん/31歳)

――どんな出会いだったんですか?

「偶然でした。だから出会った日というよりは、偶然会った日というか。その日は電車で帰宅途中に、同じ車両内にいる女性が体調不良で倒れたんです。で、その場に偶然いたのが私と彼。もちろん他にもたくさん乗客がいたんですけど、私と彼が非常ボタンを押して駅員さんを呼んで対処したんです」

――すごい偶然ですね!

「そうなんです。しかもその日は別に連絡先交換しなかったんですよ。でもそれから電車で会うたびにチョコチョコ話すようになって、結婚までいったので……。ちょっと不謹慎かもしれませんけど、倒れた女性に感謝ですね」

咄嗟のときに動ける人ってなかなかいません。ですが、こういう場面に遭遇したとき、自分から動いたからこそ、運命の人と巡りあえたのかもしれませんね。
その他……入籍日はこんな日が多い!
『Menjoy!』過去記事「1位は…記念日よりアノ日?“みんなが選んだ入籍日”ベスト3発表」では、アンケート結果で多かった入籍日を紹介しました。

第1位は11月22日のいい夫婦の日。お決まりといえばそれまでですが、将来を考えて、願をかけるという意味では候補から外せない日ですよね。

また現実問題として考えると、色々な手続きから3月を選ぶという人も多いようです。4月からの新生活を前に、会社を退社するタイミングや引越しのタイミングなど、手続き上の問題で3月後半に集中するのかもしれませんね。

 

入籍日は一生に一度のもの。だからこそ2人でしっかり話し合って決めたいものです。もし結婚を意識する人ができたなら、彼との入籍日を考えて、そこまでを逆算して色々とアプローチをしてみるといいかもしれませんよ!

 

関連記事(外部サイト)