「早く帰ってくれ」と思われちゃう!彼がベッドで嫌がるコト4つ

「早く帰ってくれ」と思われちゃう!彼がベッドで嫌がるコト4つ

記事画像

カップルが一緒に寝るベッドってエッチをするだけではなく、ゆっくり睡眠を取るために欠かせない大切な場所でもあります。そんなベッドで、実は“彼がしたくないこと&彼女にしてほしくないこと”が存在するんですよね。そこで今回は、“彼がベッドで嫌がるコト”について語ってみたいと思います!

1:濡れたベッドで寝たくない……
エッチの後のベッドって、すごく清潔だとは言えませんよね。

あまりにも激しく盛り上がりすぎたため、ガッツリとかいた二人の汗や他の液体でシーツがビッショリになっていることも。

そんな、濡れた状態のベッドで寝るなんて気持ち悪い……なんて、彼が思っている可能性があります。

もし、それがあなたの家なら、「シーツがあまりにもスゴいことになってるな」と思ったら替えてあげてくださいね。

 
2:ほとんどベッドを占領

クイーンやキングサイズのベッドでもない限り、二人でベッドに寝ると、結構キチキチになってしまいますよね。

そして、いつの間にか彼がベッドの隅に押しやられ、あなたが大の字に寝ていたりすると、「一人で寝たい」とか「やっぱり帰ってもらったら良かった」なんて思われてしまうかもしれません。

爆睡している時の寝相にまで責任を持てないのは分かりますが、せめて眠りに落ちる前に、「寝相が悪いから、前もって謝っとくわ」と先に言っておくのも手です。

そうすれば、ある程度彼も心の準備ができて、いざベッドの隅に追いやられても、それほど憤慨せずに済むのではないでしょうか。
【夏特集】「LOVE×ニオイ」汗・ニオイケアできてますか?
 
3:ベッドがお菓子のカスだらけ
最近は、スマホやタブレットで動画を見たりネットサーフィンをしたりして、ベッドをソファ代わりにして過ごす人が増えています。

彼が他のことをしている時に、あなたは、まるでソファに座っているかのように、ベッドの上でお菓子をバリバリ食べていたりしませんか!?

特にチップスなどのカスは散らばりやすいため、いざ彼が寝ようと思ったら、首にチクチクとお菓子の食べカスが当たって不快感極まりないという状態に!

仮にあなたの家のベッドだとしても、彼がお泊りする時ぐらいは、いつもの習慣を我慢するようにしてみてください。

 
4:腕枕

男は、女が腕枕をされると喜ぶことを知っているので、気を使って無理するところがあります。

ところが、あなたの頭で腕が圧迫されると血の巡りが悪くなり、すぐに腕がしびれて眠りにつくどころではありません。

それに、腕枕をしながらあなたが寝てしまったら、「腕を抜いたら目を覚ましちゃうかも」なんて思って、腕を抜くに抜けない状態に!

しかも、トイレに行きたくなったりしたら最悪なので、結構、腕枕って男に負担になることを覚えておきましょう。

彼が腕枕を始める前に、あなたが横向きになって、彼の腕を自分の体に回すなどすれば、腕枕をしなくてもラブラブ状態で眠れちゃいます。

 

いかがでしたか!?

ベッドってとても神聖な場所なので、二人が気持ち良く睡眠をとれるように、しっかりと心配りをしたいものです。

 

関連記事(外部サイト)