ホステスが教える「海で使える抱きつきテクニック」3つ

ホステスが教える「海で使える抱きつきテクニック」3つ

記事画像

せっかく男女で海に遊びに行ったなら、気になる彼とイチャイチャしたいですよね。男性がキュンと来るイチャイチャといえば、不意の抱きつきです。それまで気になっていなかった女性でも、一度抱きつかれたら、異性として意識してしまうでしょう。そんな海での“不意の抱きつきテク”を、ホステスの雅さんに聞いてみました。

1:「キャッ! アリが!」
「海といえば、普段はいないような虫や動物がいるので、それを使えば自然に抱きつけますよ。よくお店でも蛾とかがチラッと見えたときには“キャッ”と言って、お客様に抱きついてみたりします。それの応用です」

――海ではクラゲとかですか?

「海の中にいる場合はクラゲとか、あとは昆布があたって何かわからなくて、というのでも十分口実にはなるでしょう。あとは、ビーチにいるなら足にアリがあがってきたとかでもいいですし、カニとかでも可愛いかもしれませんね」

なるほど。虫が本当に苦手というわけではなくても、ちょっと苦手なフリをしておいた方が女の子っぽく見られやすいですもんね。

ですが、必要以上に怖がっていると、ぶりっ子だと思われる可能性もあるので、適度に抱きつきを解除しましょう。

 
2:ふらっとした勢いで
「海などでは日光の照り返しも強くて気分が悪くなっても不自然ではないので、隣にいるならふらっとした勢いで抱きつくというのもいいでしょうね。これはお店で言うと、“お酒、ちょっと飲みすぎちゃったかも〜”の応用ですね」

――体調が少し悪いフリなら相手も心配してくれそうですね。

「はい。ただし、ここで余りにも“私かわいそうなの”とか“私病弱なんです”ってオーラを出さないことでしょうね。男性からしてみたら、“それなら海なんか来るなよ”ってことになっちゃいますから」

たしかに、海に来たら倒れることがわかっているのについてきたってことになると、ただ面倒をかけにきた女と思われてしまうかもしれません。

少しフラッとして抱きついても「ちょっと立ちくらみなだけだから大丈夫!」と笑顔で言うと、健気な女の子だと思ってもらえるかも。
【注目の記事】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
3:「鬼ごっこしよ〜!」でギュっ
「あとは積極的に抱きつくタイプでしょうか。たとえばいきなり“鬼ごっこしよ〜”などと言い出して、相手に抱きつきます。そして“はい、○○君が鬼ね!”などと言って逃げてしまうんです。咄嗟のことなので、相手はビックリするでしょうが、お茶目で可愛いと思ってもらえるはずです」

――そんなこと、いきなり言い出して大丈夫でしょうか?

「これは海という非日常の世界でテンションがあがっているからこそやっても大丈夫な行為だと思います。海に行くってお祭りみたいな気分になることがありますから。無邪気に楽しんでる姿を男性は好みますよ」

よくカップルが「にっげろ〜!」「待てー」とか笑いながらやっていますが、あれを自分もやってみるってことですね。

ただし、グループの雰囲気などを見て、あまりにも浮きそうな場合は控えた方がいいかもしれません。その辺は空気を読みましょう。

 

普段はいきなり抱きつくなんてシチュエーションは家デートなどでしか使いにくいですが、海なら話は別。

開放的な気分になっているからこそ、抱きつくのが許される場でもあるので、是非積極的にコミュニケーションとして抱きつきテクを使ってみてはいかがでしょう?

 

【取材協力】

雅・・・新宿歌舞伎町にあるお店で働いているホステス。ハプニングバーで働いたことからMな男性を操るのが得意。容姿端麗で留学経験をもつ才女。モットーは「お酒を操る女はモテる」。

 

 

関連記事(外部サイト)