「あっ…ソコ…」イケない人必見!彼が喜ぶ「イっちゃった演技」3つ

「あっ…ソコ…」イケない人必見!彼が喜ぶ「イっちゃった演技」3つ

記事画像

セックスにおいて、いわゆるゴールといえるのがオーガズム! イッたかイってないか、その瞬間が男性はわかりやすいですが、女性のそれは、相手には分かりにくい。そして、女性がイッたかイってないか、気にしている男性は多いのです。もちろんイッたほうが喜ばれますが、なかなかイケないっていう女性もいますよね? そこで、今回は男性が喜ぶイッた瞬間の演技をお教えします。

1:無言になる
AVのように大胆に声を出すのもいいですが、イク瞬間だけ無言になると、男性は「あっ、イッちゃったかな?」と思います。

ただしている最中、ずーっと無言ではいけませんよ。イク瞬間だけ無言になること!
イク前は少し大胆に声を上げる
イク瞬間は無言ですが、イク少し前は少し大胆に声をあげてみてください。

例えば、「あっ、ああああああああっっ! ……。」

イメージとしてはジェットコースターなどに乗った時の落ちる瞬間。一瞬時が止まったような感覚になりますよね。

その感覚をイメージして、マックスに達する瞬間は無言になってみてください。

 
2:「イク!」と言っちゃう
2つめは、少し恥ずかしいかもしれませんが、結局は「言葉で伝えなければ相手には伝わらない」のです。「イク!」とハッキリ言ってみるのも演技のひとつ。これだと演技の上手い下手関係なく、相手を騙すことができるでしょう。
いきなり「イク!」はNG
でも、急に「イク!」と言いってしまうと男性は少し驚いてしまうかも。

「イク!」と言う前にイクことを醸し出すような発言をしたら、よりリアル感が出せます。

例えば「ああ、やばいやばい……」「あっ、めっちゃいい。めっちゃいいよ」なんて。

「やばい」や「いい」なんていう”醸し出し言葉”を連発しまくった後に「イク!」「イッちゃう!」と言いましょう。

醸し出しをすることで、男性も同じタイミングでイク準備をしだすことでしょう。たとえ演技でも、一緒にイケるのって幸せですよね。
【特集】「そろそろマンネリ?」倦怠期を乗り越える方法
 
3:体をうねらせる
3つめは少し難しいかもしれません。タイミングを見計らい、体をうねらします。軽く痙攣がおきたような感じ。
軽く腰を上げてみて
体をうねらすといっても、イメージしにくいですよね。腰を軽く浮かせてみる感じです。

2、3回腰を軽く上げたり下げたりしてみてください。自然とコツが掴めてくるでしょう。

言わなくても分かるかもしれませんが、腰の上げすぎには要注意! わざとらしいのと、腰を上げすぎると男性側に引かれてしまう危険があります。

寝る前にぜひ、ひとりでイメージトレーニングしてみてください!

 

どうでしたか? 「なかなかイケなくて彼氏に悪いな……」と感じていたりしたら、このような演技で男性を騙してみてはどうでしょうか?

騙すといっても、この騙しは悪いことではありません。男性もきっと喜ぶはず! さっそく今日からべッドの中で女優になってみて!

 

関連記事(外部サイト)