彼氏の言葉…深読みしすぎ!「結婚を焦る女」が勘違いしちゃったこと

彼氏の言葉…深読みしすぎ!「結婚を焦る女」が勘違いしちゃったこと

記事画像

友人から結婚の報告を聞いて、「おめでとう!」なんて言っていたけど……よくよく話を聞いたら「あれ?この人プロポーズされてなくない?」その場にいる全員でツッコミ!なんてことありませんか? 結婚に舞い上がっている女性の中には、彼の言動を深読みしてしまいただの思い込みをしてしまっている人も。そんな友人たちの勘違いエピソードをご紹介しましょう。

1:彼の両親に挨拶!でも……
美人のAさんから「結婚することになったの!」と言われて話を聞いていると……両親に挨拶に行っただけということが判明。結婚の挨拶はしていないとのこと。友人たちと、「それはまだ結婚の話ではないんじゃない?」って。
元カノたちも挨拶していた
しばらくしてから、どうやらAさんの彼氏は、元カノたちも軒並み両親に紹介していたことが発覚。彼女だけが特別だったわけじゃなかったんです。

しかし、それでも結婚を信じて疑わない彼女。行く末がどうなるのか見守るしかありません。幸せになることを祈っています。

 
2:付き合う前の結婚願望!でも……
理想の条件の彼氏をゲットして喜んでいたBさん。高収入でイケメンで高学歴……さらに結婚願望も強いとのこと。もう結婚間近と盛り上がっていました。

でも、よく話を聞いてみると、結婚したいとか、子供が早くほしいと言っていたのは、お付き合いをする前だった様子。お付き合いが始まってからは一切その手の話題が出てこない……。

これは怪しい!と、女子会では判断されました。
その結婚願望、ホンモノか?
後日Bさんは、彼氏の意志を確認するために「友人の結婚式があってすごく素敵だったの。私も早く結婚したいな〜」と話を振ってみました。その結果……なんと彼氏は、結婚の話題を避けたそう。その後も何度か“結婚”というキーワードを出したものの、空振り。

そう、この彼氏は付き合うための口実として「結婚願望が強い」と言っていただけだったんです。Bさんもやっとそれが口実だったと気づきましたが、お付き合いは継続中。ヤキモキした日々を送っています。
【夏特集】「LOVE×ニオイ」汗・ニオイケアできてる?
 
3:転職を機に同棲を開始!でも……
東京に住んでいるCさん。年下の彼氏が県外から東京に転職することが決まり、同棲の話が進んでいました。

Cさんは、同棲するならもちろん結婚が前提だと思い、友人たちにも結婚の報告をしはじめました。でも……「同棲するからって、相手は結婚を考えているとは限らないよ?」と女子会では議論になりました。
単なる“家賃と家事の分担”
不安を感じたCさんは、彼氏に直球で「結婚するんだよね?」と確認。すると……彼氏は、「は? 何言ってるの?」という反応だったそう。

彼氏は家賃が安くなるし、家事も分担できるから同棲したいと考えていただけで、結婚まではまだ考えていなかったんだとか。

憤りを覚えたCさんは、同棲しないことを決意。その後、東京に来て浮気癖がひどくなっていった彼氏とは、結局別れてしまいました。

 

結婚の意思確認って難しいものです。

意味ありげな男性の言動は、女性に過度の期待を抱かせてしまうものです。勘違いしないように、しっかりと見極めましょうね。

 

関連記事(外部サイト)