「明日までに挿れておいて」憧れの上司から届いた「エッチなLINE」3つ

「明日までに挿れておいて」憧れの上司から届いた「エッチなLINE」3つ

記事画像

憧れの上司から、いきなり“はしたないLINE”が来たらドキドキしますか? それともギョッとしますか? 「いやーん」とか思いつつも、思わずマジマジと画面を見つめちゃったり。今回は、筆者周辺の女子に憧れの上司から届いた“エッチなLINE”を3つ見ていきましょう!

1:「明日までに挿れておいて」
「悪いんだけどさ、明日までに挿れておいて」なんてLINEが深夜に届けば、「えっ? セクハラ!?」という気分にもさせられるもの。

上司としては「明日までに入れておいて」と、書類かなにかの期限を指示したかったのかもしれませんが、日本語は同じ音でも漢字が違うだけで大きく意味が変わってしまうから、難しいですよね。

「ごめん! 正しくは“入れておいて”だから!」と、訂正のLINEが届いたとしても……。

日頃から「挿れて」を多用しているからこその誤変換なのでは……? と、勘ぐりたくなる女子もいるのではないでしょうか。

ちょっと、エロいですよねぇ。いや〜ん、日本語ってムズカシイ!

 
2:「自慰はもう少し考えるように指導したよ」
憧れの上司から「自慰は、もう少し考えるように指導したよ」なんて言われたら、どう返事を出すのが正解なの!?

「ひょっとして……、誰かが会社でコッソリそんなことを……!?」などと、瞬時に頭をよぎる人もいるはず。

本当は「辞意はもう少し考えるように指導したよ」と言いたかったのでしょうが、漢字が違うだけでまったく違う意味のフレーズになりますよね。

「えーっ。この人、影でそんな指導までしてるんだー。スゴい上司だな……」と感動していたら、「ごめんごめん、自慰じゃなくて辞意ね」などと訂正が入るのでしょうか……。

こんな上司は日頃、どんな変換をしまくっているのか気になります。
【注目の記事】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」
 
3:「俺と一緒にイクか?」
「俺と一緒にイクか?」と聞かれたら、「俺と一緒に行くか?」の意味だとわかっていても、なんだか微妙な気分にさせられる女子も少なくないのでは。

「えっ。もしかして私、誘われてる?」なんて誤解しちゃう人もいるかもですね。

「イク」の字面って、どことなくエロっちい雰囲気があるし、不必要にドキッとさせられるから不思議です。

もしかして、こんな上司は日頃から「イク」「イク!」とか書きまくっているのでしょうか。

 

いかがでしょうか?

誤変換と言えども、憧れの上司からエッチなLINEが届いたらドキドキっとしてしまうもの。

こんなLINEが届いたら、あなたはどんな風に切り返しますか?

 

関連記事(外部サイト)