知らない女子は損してるッ!「正しいおっぱいの盛り方」基本のキ

知らない女子は損してるッ!「正しいおっぱいの盛り方」基本のキ

記事画像

おっぱい盛りたい! ……はい、夏ですね。おっぱいを盛りたくなる時期です。「というか、盛る必要が……!」という女子も多いことでしょう! ビキニ、薄着等、“おっぱい盛り”を必要とする女性のみなさんに、今回はふっくらおっぱいプロフェッショナルな筆者が、盛り方の基本のキをお伝えしますよ!

「おっぱいの盛り方」ここからはじめよう
(1)ブラの装着は下向きで
まずは、通常のブラのつけ方からおさらいをしましょう。

突然ですが、ブラジャーを普段どのようにつけていますか?

立ってそのまま……? 座ったまま……? どちらもおっぱい盛りの方法としては不適切。

ブラジャーを装着したら、立ち上がった状態で前屈みに90度、上半身を倒しましょう。

そのまま、手で背中から肉をひっぱり、ブラのカップの中に入れ込みます!

これで1カップはアップする人がほとんど。

反対に、この作業を怠ると、お胸の肉がどんどん背中のほうへ流れていってしまい、カップサイズが減少するという最悪の事態を招きかねません。

この方法は、おっぱいを盛る方法であると同時に、きちんと現在のカップサイズをキープする方法でもあるんですね!

ちなみに、昼間動いていると、カップの中のお肉は徐々に背中のほうへ出ていってしまいますから、トイレタイムなどにこっそり前屈みになって、ブラの中にお肉を入れ直してくださいね。

 
(2)ヌーブラを使う
ここからが、本当の“盛りテク”。

特に水着やパーティーシーンなどでバストを大きく見せたいときには、ヌーブラを使っておっぱいを盛りましょう。

ヌーブラを装着するときは、できるだけ胸の外側から肉を引き寄せて装着します。

すると、胸と胸の間に谷間が発生し、それをキープすることができるだけでなく、バスト全体のサイズも盛ることができるのです!
上級テクならヌーブラ3枚までイケる
中には、おっぱい盛りで驚きの上級テクを披露する人もいます。

ヌーブラで谷間を寄せて1枚。

そのヌーブラを、さらに寄せてもう1枚。

その上からヌーブラをもう1枚……と、合計3枚まで試している人も!

こうなると、AカップかAAカップくらいだったお胸が、FカップかGカップくらいまでアップしますよ!

但し、ここまでやってしまうと、ヌーブラ群(!?)の上に必ずブラジャーを重ねて使わないと、ヌーブラが落ちる原因になってしまいますので、次にご紹介する方法を併用するようにしましょう。

 
(3)ブラを重ねて使う
ヌーブラ1枚でも3枚でも、通常のブラジャーを重ね使いすることで、さらなるバストアップを望めます。

ヌーブラで盛る場合は、落下防止という意味も含めて、おすすめの方法です。
パッドの入ったブラで1カップup
言うまでも無く、パッドの入ったブラを使うことで、さらに1カップほどサイズアップを決め込むことができます。ヌーブラだけでは不足している場合は必ずパッド入りを選びましょう。
スポーツブラの併用も!
その日の服装が許すようなら、パッド入りブラのさらに上から、さらにスポーツブラで安定感を持たせるとGood。

特に、ヌーブラの重ね使いや、ティッシュやタオルといったゴワつきのあるものを使用した場合には、落下防止にスポーツブラはとても重宝します。

但し、水着や、胸開き、背中開きの大きな服装には適していませんので、あらかじめ予習するようにしてくださいね。

 
合コンでのおっぱい盛りはほどほどに
合コンでおっぱいを盛るときには、ヌーブラ1枚+パッド入りブラ程度にしておくのがおすすめです。

なぜなら、巨乳と思われて言い寄ってくれた男性が、いざ脱がせたら急激なサイズダウンにショックのあまりサヨナラ……と言い出すかもしれませんからね!

しかし、水着の谷間で魅了したい! 就活で盛りたい!というような場合には是非、遠慮無く、これらの方法を使用してみてくださいね。

 

関連記事(外部サイト)