アラサーが憧れる「振り返ると羨ましい10代の恋愛」シチュエーション10個

アラサーが憧れる「振り返ると羨ましい10代の恋愛」シチュエーション10個

記事画像

あのころは当たり前の日常だったけど、振り返ると懐かしくて甘酸っぱい。10代だからこそ出来る恋愛もあるって、気づいたころにはもう遅かった……。アラサーが憧れちゃう、10代の恋愛シチュエーションを10個ピックアップ! 妄想しただけでも、キュンキュンが止まりません。

1:好きな人に告白
大人になると、純粋な片思いを経験することも、片思いの相手に思い切って告白!なんて機会も減っていきます。何年も想いを寄せていた彼に卒業式の日に告白……なんて、ベタだけど憧れちゃいますね!

 
2:相手のスペックを気にしない恋愛
大手の企業に勤めているから、お医者さんだから、実家がお金持ちだから……なんて邪な気持ちなしに好きになれるって、素敵なことでしたよね。

年を重ねるにつれて、相手のスペックはどうしても気になってきてしまうもの。

ただ純粋に相手のことが“好き”という恋愛は、10代で思いっきり楽しんでおくべき。

 
3:一日中彼のことで頭がいっぱい
一日中、何をしていても好きな人のことで頭がいっぱい!なんてことも、若い頃はありましたとも。教室でついつい好きな人を目で追っちゃう……なんて、甘酸っぱ〜い経験だってありました。

10代の“人を好きになるパワー”ってすごいのです。大人になっていくにつれて、あれほど強烈な“好き”という感情は味わえなくなっていきますよね。全力の恋愛、羨ましいものです。

 
4:恋のライバルを楽しむ
同じクラスの人気のある男子を好きになってしまう女子は多いもの。何人ライバルがいても、仲の良い友人と好きな人が被っても、遠慮せずに恋愛ができたのも若いころの特権。そんなライバル関係まで、振り返れば良い思い出になるものです。

 
5:学祭、体育祭……イベントでイチャイチャ
社会人になると、学生のときに当たり前のようにあった“行事”が、驚くほどなくなっていきます。学祭、体育祭、卒業式、クラス対抗スポーツ大会、修学旅行……学生時代は面倒くさいと思ったこともある行事だって、大人になればキラキラした思い出として蘇ります。

そんなイベントごとでイチャイチャ……しておけばよかった!

 
6:制服デート
制服の本当の良さは、着られなくなってから気付くもの。ダサい、校則が厳しい、スカートが長い、なんて文句ばかり言っていたけれど、アラサーになると、もう着られない“制服”が羨ましくて仕方ないのです。

鉄板の制服デートがしたい、好きな人と一緒に登下校がしたい……願望と妄想は尽きません。

 
7:ペアルック
アラサーのペアルックは相当の勇気を要するもの。

カップルでの色違いアイテムや、親友との双子コーデ……若い時期は、バカップルと言われようがお構いなしに、ペアルックやペアの持ち物を楽しんでいたものです。今となってはそんな若さも羨ましく思うアラサーなのです。

 
8:エッチなしのお付き合い
エッチなしのお付き合いをすることは大人になると難しいもの。10代は“純粋なお付き合い”ができるのも魅力だったと、後から気付きます。

エッチがない関係だからこそ、手が触れたり、頭をなでてもらえたり、相手とのちょっとした接触でドキドキできたのかもしれませんね。

 
9:クラス公認のカップル
同じ学校やクラスで付き合うと、周囲のほとんどの人がその交際を知ってしまうもの。クラス公認カップル、いましたよね。

今思えば、あんなに周りに祝福されたり、冷やかされたりってなかなかできない体験。恥ずかしがったりせず、思いっきり楽しめばよかった。

 
10:一緒にテスト勉強
10代の頃は普通だった「一緒にテスト勉強」。大人になると滅多にできるシチュエーションがありません。同じことを一緒に学び、ちょっとサボってイチャイチャしちゃったりしつつも乗り越える、なんていいなぁ!

 

今、10代に戻れたらアラサーがやってみたい憧れちゃうこと、いかがでしょうか?

過ぎ去ってから分かることって多いものです。過ぎ去った時代は取り戻せませんが、アラサーには「アラサーだからこそできる恋愛」があるはず。それもまた、何年か後に振り返って懐かしむことができるのです。

遠慮せず、今を思いっきり楽しみましょう!

 

関連記事(外部サイト)