あっ…真っ裸の写真!彼に間違えて送った「恥ずかしすぎるLINE」3つ

あっ…真っ裸の写真!彼に間違えて送った「恥ずかしすぎるLINE」3つ

記事画像

LINEって書いてすぐに送信できる「チャットのような手軽さ」が人気の理由ですが、その手軽さゆえに間違って送信してしまうというアクシデントも発生しやすいですよね。特に複数と同時に会話を進めていると、送ろうと思っていなかった人に送ってしまったりとか……。そんな風に間違えて、彼に超恥ずかしいLINEを送ってしまった経験がある女性に話を聞いてみました。

1:裸の写真
「私、この前彼にお風呂上りの裸の写真を送っちゃったんです! 恥ずかしすぎる〜」(Uさん/29歳)

−−なんでそんなことに!?

「今ダイエット中で、ダイエットのこと色々調べてるときに、“自分の体型を毎日写真に撮ってそれを見ると現実が見えて、甘いもの食べたい欲求とかが抑えられる”って書いてあったのを見つけて実践してるんです。で、撮った写真が……」

−−でも、LINEで誰かに送ったりしてるわけじゃないんですよね?

「そう。ただ撮って、前の日と比べたら消すって言うのを繰り返してるんですけど。その日はちょっと凝った夕食を作ったので彼に“今度作ってあげようか?”って写真を送ろうと思って……で、うっかり間違えて違う写真を」

−−それで彼は?

「まず“w”って一言来て“ごめん、間違えたー”って正しい料理の写真送ったんですけど、“なんで裸?”って掘り下げてきて。“とにかく忘れて”って送ったんですけど、しばらく裸についての談義になっちゃいました」

普段エッチの時に体は見られているとはいえ、無防備に撮った裸の写真は彼氏と言えども恥ずかしすぎます。

 
2:観たいAVパッケージスクショ
「生理前とかってエッチな気分になりません? 私、結構そういうことがあって、そういう時にはAVとかのサイトをスマホでみて、後で観て見たいなぁって思ったのとかをスクショしておくんです」(Mさん/30歳)

−−で、それを彼氏に?

「そうなんですよー。その時普通の映画のところも見てて、彼と一緒に観たいDVDがあったから、それを送ろうとして間違えて……」

−−彼はなんと?

「最初間違ったの送ったって気づいてなくて、“え? これを一緒に観たいの?”って来たから、“そう、面白そうじゃない?”って返したら“ふぅん、こういうのが好みなんだ”って来て。そこでハッと気がついて、ヤバイー!って。

で、彼に“違うの違うの”ってすっごい訂正したんですけど彼が“いいよー、一緒に観よー”とかからかってきて。もう恥ずかし過ぎです」

女の子だってエロいモノを観たくなることはあります。でも彼に秘密にしている性癖なんかがばれちゃったりしたら、かなり気まずいですよね。
【注目の記事】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」
 
3:アニメセリフのやりとり
「私アニメが結構好きで、友達とたまにアニメのセリフで語り合うみたいなことをネタでやってるんですけど、その途中で彼とのLINEが始まって、間違って彼にアニメのセリフを!」(Eさん/28歳)

−−それは面白そうですね! 何て書いちゃったんですか?

「“目がぁ〜、目がぁ〜!”って……(笑)」

−−いきなりくると驚きますね(笑)。彼はどんな反応を?

「普通に話の流れ的におかしかったので、“え? 大丈夫?”って心配されちゃって(笑)。で、とりあえず取り繕おうと“あ、ごめん、コンタクトが乾いて”って送ったんですけど、恥ずかしい……」

この女友達とどんな会話をしていたのかも気になるところですね。でも、「人がゴミのようだー」とか送るよりはマシだったような……(笑)。

 

さて、誰もが一度はやってしまったことがあるであろう“LINEでの誤爆”。これが浮気相手と彼氏との間違いだったりしたら大問題になりかねません。

すぐに送れるからこそ、一度ちゃんと確認してから送る癖をつけたいですね!

 

関連記事(外部サイト)