照れ照れッ!男子が胸キュンしちゃう「女子が使う絵文字」4選

照れ照れッ!男子が胸キュンしちゃう「女子が使う絵文字」4選

記事画像

LINEやコミュニケーションアプリで欠かせない存在の絵文字は、日本発祥で海外でも『Emoji』と呼ばれています。言葉で表現するだけでは足りない気持ちを添える時に、絵文字ほど役に立つものってないですよね! そこで今回は、“男が胸キュンしちゃう女子が使う絵文字”について語ってみることにします!

1:乾杯しているビールの絵文字
筆者には、毎週末一緒に飲んでいる外国人の男友達が多数いるのですが、彼らはコテコテに女子満載な絵文字が盛られたテキストは苦手ですが、「シンプルに上手に散りばめられた絵文字は好感度が大」だとよく言っています。

なかでも彼らが好きなのは、「乾杯しているビールの絵文字」なのだとか。

「今度一緒に飲みに行きたいな〜」という一言に、グラスが“カチンっ”と合わさったビールの絵文字が添えられていたら、彼女と一緒に乾杯しているところが想像できて、楽しい気持ちになるのだそう。

そして、同じお酒でも、「ワインやカクテルの絵文字ではダメだ」とも言っていました。その点については、彼らは女子が好みそうなオシャレなドリンクは全く飲まずに、完全なるビール派だからです。

なので、相手の男性のドリンクの好みに合わせて、臨機応変に絵文字を変えてみましょう。

 
2:照れ顔の絵文字

LINEで使える絵文字にはデザインのパターンが数種類ありますが、「照れ顔の絵文字はカワイイ」と好評!

彼女からお茶や飲みのお誘いメッセージが来た時に、テレ顔の絵文字が添えてあったら、「勇気を出して俺にLINEくれたんだなあ〜」という気持ちになり、父性本能をくすぐられて「NO」とは言えなくなってしまうのだとか。

それに、モジモジと照れながらも、自分から行動を起こしてくれた彼女の自信にもリスペクトを払いたくなるとのことで、「自信と照れ」というギャップも効果的なようです。
【夏特集】「LOVE×ニオイ」汗・ニオイケアできてる?
 
3:ダーっと涙が流れる絵文字
LINEに「ダーッと涙が流れる絵文字」がありますが、これも使い方次第では、ユーモアもプラスされてキュートな印象がアップするようです。

この絵文字は、彼に遊びやイベントに誘われたけど行けない時や、自虐ネタなどで「悔しい〜!」といった気持ちを表現する時に使うのがポイント!

本当に辛いことや嫌なことがあったと伝える時に、さらに泣き顔の絵文字を加えると重〜くなることもあるので、バランスを考えて使用するにしましょう。

 
4:ウィンクの絵文字

そして、男友達の間でニコニコ笑顔の絵文字と同じぐらい人気があったのが、ウィンクの絵文字です。

特に、ちょっと意味深な内容のテキストや、「じゃあ土曜日楽しみにしてるね!」といったメッセージにウィンクの絵文字が添えてあったら、相手から好意を感じるけれど、100パーセント確かではないため想像の余地があっていいのだとか。

逆に、ハートマークや目がハートになった絵文字は、ダイレクトすぎて面白くないとのことで、彼をちょっとドキッとさせたかったら、ウィンクの絵文字が大活躍しそうです。

 

いかがでしたか!?

たかが絵文字、されど絵文字です。

文字ばかりのLINEよりは、ちょこっと絵文字が入っているだけでカラフルになるし、楽しさがアップしますよね。

とはいえハートやキラキラ、子ネコや内容に合わせた絵文字が、オンパレード状態になると内容が読みにくくなってしまうので、気になる彼にLINEを送る時は乙女感覚を控え目にしましょうね。

ぜひ、参考にしてみてください!

 

関連記事(外部サイト)