これで撃退ッ!「飲ませようとしてくる男」を上手にかわす方法3つ

これで撃退ッ!「飲ませようとしてくる男」を上手にかわす方法3つ

記事画像

お酒って美味しくて楽しくて、筆者も大好きです。でも、悲しいことですが、そんな美味しいお酒を“女性を酔わせるため”に使ってくる男性もいるのも事実。今回は、お酒をグイグイ飲ませようとする男性の撃退方法を、様々なシーンを乗り越えてきたモテ女性たちに教えてもらいました。シーン別の撃退方法を身につけて、“飲んで攻撃”はスマートにかわしちゃいましょう! 

1:「最初はビールがいいな」作戦
「沖縄料理に行こう!と誘われて、一緒にごはんに行くことに。でも、彼の狙いは度数が高く、酔っ払いやすい泡盛を飲ませることだったんです!

このままでは、せっかくの美味しい沖縄料理がだいなし……。そこで、“最初の1杯目はビールが飲みたいな”作戦を実行。そのビールをずーっと減らさず、お料理をたくさん食べました」(28歳/事務)

どんなお店でも一次会なら使えそうなテクニックですね。「最初はビールが飲みたい」と言って、断られることはあまりないですよね。まさか2杯目以降がやってこないなんて、相手も夢にも思わないことでしょう。

 
2:バーテンダーさんを味方につける
「銀座のおしゃれなバーに連れて行ってもらったのですが、彼がけっこう飲ませようとしてくる人で……。“どんなものが飲みたい?”って聞いてくれるけれど、注文するのはアルコール度数の高いものばかり。

これは危ないと察し、彼がお手洗いに行っているうちにバーテンダーさんにこっそり“彼には内緒でアルコール少なくしてください”って頼みました」(24歳/IT)

バーテンダーさんは、基本的に女性に優しいもの。バーで危険を感じた時は、バーテンダーさんを味方につけちゃいましょう!

その後、バーテンダーさんはとっても飲みやすいお酒を作ってくれたそうです。何も知らない彼は、酔っ払ったふりにすっかり騙されてご機嫌だったそう。彼を怒らせることもなく丸く収めた良いアイディアですね!

【夏特集】「LOVE×ニオイ」汗・ニオイケアできてる?
 
3:周囲と仲良くなる
「日本酒バーに連れて行ってもらったんだけど、お店に入る直前で“3杯以上は飲まないと失礼だから”って忠告されたんです。そんなことはないはずなのですが、彼は私にもたくさん飲んでほしかったみたいで。

そこで、カウンター席の近くに座っていた常連さんと仲良くなる作戦を実行。“1杯しか飲めなくて……素敵なバーなのでまた来たいんですけど”って言うと、“何言ってるの、1杯でも楽しみにまた来てね!”という流れになりました」(23歳/フリーター)

常連さんにそんなことを言われたら、彼は「失礼だよ」なんて理由で無理に飲ませるなんてこと、できなくなりますよね。お見事です。

2もそうですが、彼が無理を言ってきそうな場合は、彼以外の人を味方につけるのは有効な作戦ですね。

 

もちろん無理に飲ませようとしてくる彼は最低ですが、自分で自分の身を守るのは大事なこと。お酒が得意でも苦手でも、自分のペースをしっかり守って楽しく飲みましょう。

そのためのテクニックは、たくさん身につけておいて損はありませんよ!

 

関連記事(外部サイト)