おでこに蚊が…!? 夏のデートが一瞬でダメダメになった瞬間3つ

おでこに蚊が…!? 夏のデートが一瞬でダメダメになった瞬間3つ

記事画像

デートって雰囲気が大切ですよね。ず〜っとロマンチックである必要はありませんが、男って真面目な場面では格好をつけたいもの。でも夏のデートにはそんな男心をぶち壊してしまう要因がたくさんあるようなんです! 今回は、夏ならではの“雰囲気ぶち壊しエピソード”を男性たちに聞いてみました。あなたにも似たような経験ありませんか……?

1:外でキスしていたら目に汗が入って中断
「外でデートしてたときに、公園でいい雰囲気になったからキスをしたんです。でも、2人ともすごい汗かいちゃってて、キスしてる最中に目に汗が入ってきて中断せざるを得ませんでした」(Tさん/31歳)

――汗くらい気にせずに……って無理でした?

「いやー、シャワー浴びながらとかで水が目に入ることはあるじゃないですか。それは平気だったんです。でも汗ってかなり目に沁みるんですよね。だから痛くて中断しました」

確かに、痛いと続けるのは難しそうですね。それにそんなに汗をかいているのなら、キスもちょっと塩味だったのでは……。そんなキス、ロマンチックな雰囲気が台無しですね。キスする前には汗を拭き取るか、ちょっと涼んでからにした方がいいのかもしれません。

 
2:彼女がおでこを蚊に刺され……
「彼女との3回目のデートで、大分お互いに慣れて来てたんです。で、お昼食べ終わってからドライブして、高台みたいなところに止めて“キスでもしようかな”って彼女と向き合った瞬間、彼女がおでこを蚊に刺されてるのを見つけちゃって、爆笑しちゃいました」(Yさん/32歳)

――えー、酷〜い。彼女傷ついてたんじゃないですか?

「いや、“おでこ刺されちゃってるよ?”って言ったら、“えー、うそー。恥ずかしいー”って言いながら一緒に笑ってくれてましたよ。でも結局その日はキスもできなかったので雰囲気はぶち壊しでしたけどね」

蚊も、おでこなんて見えやすいところじゃなく、目立たないところを刺してくれるくらいの、気遣いがあってもいいのに……(笑)。まぁ、でもこんな風に2人で笑った思い出は、後から振り返ったときにいい思い出になることもあるでしょうね。
【夏特集】「LOVE×ニオイ」汗・ニオイケアできてる?
 
3:腕が触れた瞬間に汗で引かれた
「俺すっごい汗っかきなんですよ。だから一応気にしてはいるんですけど、デート中に街中を2人で歩いてて、彼女と腕が触れた瞬間にベタッってして、彼女に距離をとられたときには“最悪だぁ”って思いましたね」(Eさん/27歳)

――ちょっとショックですね。

「ショックでした。彼女はなぜかサラサラで全然汗かいてなくて。後で聞いたらちょっと潔癖なところもあるらしくって、そのせいで距離をおいたんだそうなんですけど、汗のせいで雰囲気悪くなることって結構あります」

夏に汗をかくのは体の正常な機能なので仕方ないですよね。むしろ汗を全然かかない彼女の方が心配です。とはいえ、汗はべたつきやニオイなどのもとになるので気にしている人も多いはず。汗がもとで雰囲気が悪くなるという経験をしている人は結構いそうです。

 

さて、せっかくのデートが汗や蚊のせいで雰囲気ぶち壊しになったエピソードを紹介しました。せっかく彼がロマンチックな時間を作ろうとしているのに、夏はそれを容赦なく壊してきます。

それでも、こんなエピソードを乗り越えつつ絆を深めていける仲になれるといいですね。

 

関連記事(外部サイト)