まだまだ…あげられる!大好きな彼に捧げたい「●●処女」4つ

まだまだ…あげられる!大好きな彼に捧げたい「●●処女」4つ

記事画像

男は処女好きだといいますが、筆者の周りの男性陣に処女について聞いてみると、「そこまで気にしていない」「処女を抱くのは大変そう」とあまり魅力を語る人はいませんでした。ですが、この意味が「初めての●●」になると一転! 男性たちは口を揃えて彼女の初めてになりたいと言うのです。ではどんな“初めて”があるのでしょう? ホストの桜庭颯太さんに聞いてみました。

1:ペアリング処女
「まぁ、まずは定番ですが、カップルとしては一つは持っておきたいペアグッズ。その中でもペアリングは特別だと感じる女性も多いので、自分が初めて彼女にペアリングを作ってあげられたと思うと、男は喜びますね」

−−それって、嘘でもOKでしょうか?

「正直言っちゃうと、嘘ってバレなきゃいいんですよ。だから、“ペアリングなんて初めて〜!”と感動した演技をするのなら、他の男性からもらった指輪は全部抹消するべきでしょうね。たとえペアでなくても、彼氏にそれが見つかると疑われかねませんから」

−−ペアリングってそうじゃないのと見分けつきます?

「んー、つくやつとつかないやつがありますね。イニシャルとか裏に入っちゃってたら絶対NGです。まぁ、ペアかどうかの以前に元カレのプレゼントを持ってることが嫌な男も多いから、見せないか捨てた方が絶対良いですよ」

部屋に彼がきても絶対に見つからない場所に隠すか、その自信がなければ廃棄した方がいいんですね。

初のペアグッズなら、ペアリングでなくても喜ぶかも。買ったときには盛大に「わぁ〜。私こういうの彼氏とペアで持つのが夢だったんだぁ」と語りましょう。

 
2:コスプレ着エッチ処女
「彼女にコスプレさせたい男って結構多いから、コスプレしてあげて、さらに初めての着エッチとかしてあげれば、そりゃあもう男は喜ぶでしょうね」

−−コスプレは自分から言い出してもいいんですか?

「話の流れ的に不自然じゃなさそうなときに、○○君ってコスプレとか興味あるの?って軽く聞いてみたら反応でわかるでしょ。で、興味ありそうならどんなのが好きか一緒にネットで見たり、2人でドンキとかで探してみてもテンションあがると思いますよ」

−−で、それを着て彼の前に……?

「そうそう。コスプレが初めてなら、それだけでも男は“俺だけにこんな格好してくれたんだ!”って興奮しますけど、彼がそれを脱がそうとしたら“私着たまましてみたことないんだけど……”と着エッチにも興味があることを伝えてみましょう。そういう背徳的な行為って燃えますよ」

着エッチって何でいいんでしょうね? ちょっと強引に襲っている感じがして征服欲がみたされるんでしょうか?

とにかく、エッチは初めてでなくても“着エッチ処女”は与えられますよ!
【特集】「そろそろマンネリ?」倦怠期を乗り越える方法
 
3:海外旅行処女
「あと、海外旅行に行ったことがないなら、一度は彼に連れてってもらうといいですよ」

−−そんなことで喜びますか?

「海外旅行の経験がある男なら、色んな場面で彼女をエスコートしやすいですし、自分の方が経験値が上なことが多いので彼女に色々教えたいという欲求も満足させやすいんですよ」

−−彼も初めてだったら?

「その場合は、一緒に初めてのことをするドキドキを2人で味わうと良いと思います。海外だと困ることもたくさんあるでしょうから、その困難を一緒に乗り越えたとなると愛も一層深まります。

彼を誘うときには“私、今まで海外とか興味なかったんだけど、○○君となら一緒に行ってみたいって思うんだ”と、彼だからこそ一緒に行きたいことを伝えるといいでしょう」

「○○君だから……」と言うと、なんか特別扱いをされているようで、確かに男性は気分よくなってくれそうです。

もちろん国内旅行でも「2泊以上のお泊りって修学旅行以外ないかも」と伝えて旅行処女アピールをできますよ。

 
4:初手作りチョコ処女
「ちょっと季節はずれですが、バレンタインでチョコレートを渡すときには、必ず“初めて手作りに挑戦したの!”って言うのがおススメです」

−−愛情が伝わりますか?

「そうそう。やっぱり愛情って目に見える形にしてあげた方がわかりやすいですから。とはいえ、初めてで難しいのに挑戦しようとして不味いモノを渡すよりは、市販のチョコレートケーキ買ってあげた方が喜ぶかもしれませんけどね」

−−えー、酷いー。でも、男性の本心はそっちですか?

「人によるだろうけど、いちばん良いのは“手作りに挑戦しようとしたんだけど、失敗しちゃって……だから、ごめんね。今回はコレ買って来た”って言って、手作りと市販のを両方渡すのがいいんじゃないかな。手作りって重たい部分もあるから」

そうは言っても、やはり自分のために初めて手作りに挑戦してくれたという彼女のことを男性は可愛く思うようです。

なので、「初めて挑戦した」ことを伝えてあげれば、実際に渡すものは市販のモノでもいいのかもしれません。

 

さて、処女というと一生に一回、一人の人にしかあげられそうにありませんが、そんなことはありません!

初めて体験することなんて世の中にいっぱいあります。それをさもすごいことのように相手に渡すことができるかどうかが鍵なんです。

ぜひ彼が喜びそうな言葉で「○○処女をあげる」と伝えてみてくださいね。

 

【取材協力】

桜庭颯太・・・中学卒業後家から追い出され、ホストの道に入る。お店での売り上げランキングは高くないものの、多くのリピーターを作ることが得意。趣味はサバイバルゲームのアウトドア派。

 

関連記事(外部サイト)