男子必見!大好きな彼からでも「言われたくないフレーズ」3つ

男子必見!大好きな彼からでも「言われたくないフレーズ」3つ

記事画像

「正直は最良の策」とは良く言われますが、あまりにも正直すぎるコメントには、傷ついてしまうこともありますよね。そんな時には、「“ウソも方便”なアプローチで発言してよ!」なんて言いたくなってしまいますが……。今回は、“大好きな彼でも言われたくないフレーズ3つ”をご紹介します!

1:少し機嫌悪い時に「少しは笑えよ」!
いつもはムカつくことがあっても、場の雰囲気が悪くならないよう顔に出せないようにしていても、どうにも表情に現れてしまうことがあります。

それは、職場でも恋愛でもシーンを限らずですが、そんな時に「少しは笑えよ!」と言われたら、「笑えなくしてるのはお前だろ!」と言い返したくなり、余計に不機嫌な顔になってしまうというものです。

 
2:他の女性と比べるコメント

基本的に人間は、人と比べられることを好みません。

それが、仮に出来ない人物とあなたが比べられて、「〇〇に比べたら、●●ちゃんはスゴいよね〜」なんて、褒められる比較であっても反応に困ってしまうし、比べられた相手が大したことがないと、「そりゃ当然でしょ!」なんて気持ちになってしまうことも。

逆に他の女性と比較されて、その人物が褒められたりしたら、ムカつくと同時に凹んでしまいますよね。

特に、自分の好きな人や彼氏に、「〇〇ちゃんって、週に3回もスポーツジムに通ってるんだって。ちょっとは見習ってダイエットに励んでみたら!?」なんて言われようものなら、自分の体型にコンプレックスの塊になってしまい、比べられた相手に対しても引け目を感じてしまうのではないでしょうか。
【夏特集】「LOVE×ニオイ」汗・ニオイケアできてる?
 
3:意味もなく「オマエ」呼ばわり

彼氏や旦那に「オマエ」呼ばわりされてもムカつくのに、それが上司でもない同僚や、特に仲が良い訳でもない知人だったら、腹立たしいこと極まりないですよね。

ちなみに筆者は、この「オマエ」という言葉が大っ嫌い!

男が女性を上から目線で見ている、最も代表的かつ劣悪な表現だと思います。

ですが、「オマエ」と失礼な呼び方をされても、何も言わない女性って結構多いです。

筆者は、人生で男性から「オマエ」と呼ばれたことが1回だけありますが、その時にキッパリと、「その呼び方やめてくれます!? 女性に対して失礼じゃないですか」とピシャリと言い放ったのですが、相手は「ぐう」のひと言も出ない様子で、結局謝ってきました。

いつも彼氏や旦那に「オマエ」呼ばわりされている女性は、やはり相手の言いなりになっているパターンが多いです。

「嫌ならイヤ」と毅然な態度を取って、あなたの「ムカつく境界線」をきちんと示して相手を教育していかないことには、パートナーの態度が改まることはないでしょう。

 

いかがでしたか!?

女性に対して、尊敬心を持って接してくれるジェントルマンな男性がいるなか、横柄な態度で接してくる器が小さな男性もいます。

そんな時は、自分の心の声を口から出して、ガツンとした態度で切り返してやりましょうね!

 

関連記事(外部サイト)