避妊についても!交際を始めるタイミングで彼と話すべきこと3つ

避妊についても!交際を始めるタイミングで彼と話すべきこと3つ

記事画像

彼とデートし始めたばかりの頃は、お互いの性格の相性や価値観が合うかどうか、見極める観察期間。その過程を過ぎ、「彼とならお付き合いしてもイイかなあ〜」と思った時に、「ハッキリさせておくべきこと」がいくつかあります。そこで今回は、“交際を始めるタイミングで彼と話すべきこと”についてご紹介します。

1:性病の有無
何度かデートを重ねて、「いよいよ今夜は……」という流れになった時に、いきなり生エッチをする人はいないと思います。

最初は、ほとんどの人がきちんとコンドームを使っているはずですが、これが4回、5回となってくると、男性のなかにはゴムを使いたがらない人が出てきます。

それぐらいの回数、彼とベットを共にして二人の関係が上手くいっていたら、「そろそろ彼氏彼女になってもいいかな」という段階に来ているので、性病の有無について話し合うべきです。

コンドームを使っていても、アクシデントで破れてしまうことだってあるし、性病には潜伏期間が長い種類もあり、本人に自覚がないまま他の人にうつしてしまうこともあります。

なので、「今まで性病にかかったことがあるか」もしくは「今現在持っているか?」について話をして、必要ならば一緒に性病検査を受けに行った方が良いでしょう。

言いづらいことだからこそ、ちゃんと言えたときは、世界が変わります。「これから二人の真面目な安定した交際が始まるんだ!」という強い気持ちを共有することができ、なんとな〜くのお子ちゃまな関係とは一線を画せるのです。

 
2:避妊の仕方

海外では、真剣交際を始めたカップルは、女性が避妊用の低用量ピルを服用するケースが多いですが、日本ではそれほど浸透しているとは言えません。

では、付き合うという話になった時に、「これから避妊をどうするか?」について話し合うことは、とても大切です。

1をクリアして性病フリーであることが分かったら、彼はあなたと生エッチをしたがるかもしれません。

毎回、彼が完璧に射精をコントロールできれば良いですが、時にはタイミングを逃して中でイってしまうことだって考えられます。

もし、妊娠して中絶なんてことになったら……心と体が傷つくのはあなたです。

避妊の仕方だけでなく、万が一妊娠してしまった場合はどうするのか、その点についても彼に聞いておいた方が良いでしょう。
【特集】「そろそろマンネリ?」倦怠期を乗り越える方法
 
3:お金について

初めのうちは、あなたの気持ちをゲットしたい彼が、ほとんどデート代を出してくれていたと思いますが、よほど収入が高くない限り、毎回のデート代や旅行代を出すとなったら大変!

お金が原因でモメて、別れることになったら最悪ですよね。

そんな事態を避けるには、余裕がある方が順番に出すとか割り勘にするとか、お金についてはキチンとそのルールを話し合っておくべきです。

筆者の男友達は、現在の彼女とデートをし始めた頃に彼女が求職中だったため、その期間は毎回デート代を出していました。

ところが、それが当たり前になってしまったからか、仕事が決まっても、一向に彼女は自分で支払う気配を見せないのだとか。

男友達の給料はそこまで高くないそうで、かなりのカツカツ状態に! かといって、今さら彼女に「経済的にキツいから割り勘にして」とは言い出せないといいます。

「前もって、デート代の割り勘について話しておけば良かった……」とグチっていましたが、後の祭りです。

 

いかがでしたか!?

そして、彼が上に挙げた3点について話し合うのを嫌がるようなら、そんな男と付き合うのはやめておいたほうが無難です。

あなたのことが本気で好きで、大切に思ってくれている男性なら、必ず躊躇せずに話し合いの場を持ってくれるでしょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

関連記事(外部サイト)