アイメスユー…!? お酒飲んで彼に送った「恥ずかしLINE」4つ

アイメスユー…!? お酒飲んで彼に送った「恥ずかしLINE」4つ

記事画像

お酒って怖いですよねぇ。飲みすぎると、普段の自分じゃない面が出てしまったり。いい方向に向かえばいいんですけど、時には「穴があったら入りたい!」と叫びたくなるほどの赤っ恥なLINEを送っている女子も。お酒のせいで大失態を犯した4人の“大失態なLINE”をご紹介します。みんな強烈な赤っ恥……ッ。

1:過剰な愛情表現で英語を使ってみたら綴りが違っていた

お酒を飲むと気持ちが高ぶってきて、大好きな彼に愛情表現したくなること、ありませんか?

そんなとき、英語のメッセージを送るとちょっとクールな感じになって素敵ですよね。

でも簡単に「I Love you」って言いたかったのに「I robe you」、「I miss you」って言いたかったのに「I mess you」など、いちいち間違った綴りで送ってしまえば強烈な赤っ恥……。

英語がわからないのにムリして使っているようにも見えちゃうし、何よりも間違った綴りの単語が「ローブ」だの「散らかっている」だの、もはやイミフなメッセージに。

これは、穴があるなら確かに入りたいっ!

 
2:どんなに彼のことが大好きなのかを語る

気持ちが高ぶりすぎると、相手の感情はお構いなしにラブラブメッセージを送りたくなる女子もいるようです。

お酒の勢いを借りて、彼氏のどこがどれだけ好きなのかを、ひとりでとうとうと語り、LINEで送信。

心の準備ができていなかった彼にしてみれば、ちょっと戸惑うシーンです。

翌朝、LINEの履歴を見て驚愕……ッ!

「なんで私、こんなに一方的に愛を伝えまくってるの!? 重すぎッ!」と後悔しても、あとの祭りです。
【夏特集】「LOVE×ニオイ」汗・ニオイケアできてる?
 
3:まだ付き合っていない彼に「付き合いたい!」と告っていた

まだ交際はしてないけれど、頻繁にLINEし合っている彼。

「そろそろ告白してほしいなぁ」と思っている本音が、お酒のせいで炸裂……というのもありがちです。

お酒が入っていると、気が大きくなりますからね。

「こんな中途半端な関係はイヤだから、私から言わないと!」と、変な義務感に駆られてしまい、勢い余って告白。

彼にしてみれば、相手が酔っているのは100も承知だけに、どう返信していいのか戸惑っちゃいますね。

 
4:W不倫中の彼に「不倫はいけないことだよ」とお説教

W不倫をしている相手から、突如として届くお説教。“お互い様”な相手からのお説教ほど、うっとおしいものってありません。

普段、思っているけど彼には言えなかった本心がお酒のせいで表に出ちゃうこと、ありますよねぇ。

けれど「不倫はいけないもの」って不倫している張本人から言われても「ハァ?」と思うのも男心理なのでは。

大好きな彼に自分を棚に上げまくっているLINEをしちゃうなんて、穴があったら入りたいですね!

 

お酒のせいで平常じゃなくなってしまえば、普段なら絶対に送らない言葉をポンっと送信してしまいがち。

翌日「穴があったら入りたいっ!」なんて後悔を生まないよう、飲酒中のLINEには皆さんもお気をつけください。

 

関連記事(外部サイト)