今までで最高の彼女だった!「別れても思い出す元カノ」エピソード3つ

今までで最高の彼女だった!「別れても思い出す元カノ」エピソード3つ

記事画像

年齢が上がるほどに付き合う人数が増えていくのは自然なことです。でも恋愛って、数じゃなくて「質」の問題ですよね。もしも今まで付き合った彼の中に、一人でもあなたが「今までで最高の彼女だった!」と言ってくれる人がいたら、それは嬉しいことでは? 本当にいい女というのは、男の人の思い出に残るもの。最高の元カノについて男性たちに語ってもらいました。

1:毎日晩御飯を作りに来てくれてた
「今までで一番だなぁって思い出すのは、毎日晩御飯を作りに来てくれてた彼女かなぁ」(Nさん/33歳)

−−毎日って大変そうですね。

「そうそう。その時今までで一番仕事も忙しくて、帰ったらご飯食べて寝る以外何もできない感じで。下手したら“ご飯がないなら食べなくていいや”くらいの生活をしてたんですよ。それを心配して彼女が毎日夕食を作ってくれてて」

−−料理は美味しかったですか?

「うん、すごい上手だったね。凝った料理とかじゃないんだけど、基本的に何でも美味しかったなぁ。今考えると買い出しから片づけまで彼女だって仕事もあるのに本当にがんばってたんだな、って思うよ」
作り置きまで……!
−−彼女が来ない日は食べなかったんですか?

「いや、それがさぁ、彼女が最高なのは“明日は作りに来れないから、作り置き作っておいたからチンして食べてね”って、次の日の分まで作ってくれてたこと! 今考えたら、こんなにいい彼女いないよね。まぁ、それでも仕事でいっぱいいっぱいで寂しい思いをさせて別れちゃったんだけど……」

 
2:有給とって看病してくれた
「今でも“なんで別れちゃったんだろう?”って定期的に思い出す元カノがいるんだけど、その子はすごく俺のこと愛してくれてたんだなぁって感じます。

一番象徴的なエピソードは俺が風邪をこじらせて肺炎になりかかってたときに、彼女が有給とってまで、ずっとそばで看病してくれたことかな」(Mさん/27歳)

−−すごく献身的な彼女だったんですね。

「そうそう。相手に尽くすのが大好きみたいな子だったんだけど、俺の熱が下がらないし、咳が止まらなくて眠れないしってときに夜中でも起きて背中をさすってくれたのが嬉しかった」
感涙! 彼女が内緒でしていたこと……
−−じゃあ、回復できたのは彼女のお陰だったんですね。

「うん、今考えるとそうだよ。彼女いなかったら適当に放置してさらに悪化させちゃってたかも。栄養あって食べやすい食事とか用意してくれたし」

−−結婚したらいい奥さんになりそうですね。

「絶対なるよね! 本当になんで別れちゃったんだか。しかも彼女、有給とったせいで仕事が終わらなくて休日出勤までしてたの。しかもそれは俺に内緒で。もう思い出すだけで涙でてくるよ」
【夏特集】「LOVE×ニオイ」汗・ニオイケアできてる?
 
3:「返信しなくていいよ」といいつつ励ましLINE
「僕が今でも最高だと思ってる彼女は、2年前に付き合ってた子で、仕事で忙しくて全然連絡取れなくても、寂しいとか言わずに応援してくれてた子だね」(Yさん/29歳)

−−それは男としては嬉しいですよね。

「はい。本当に忙しいときって、LINEでさえ“見るだけで返信できない”ことってあるんですよ。でもそういうの理解してくれる女の子って少ない気がして。

でもその彼女は、忙しいのを理解してくれて“返信はしなくていいからね。私はいつでも応援してるから無理しないで頑張ってね”って言ってくれてて」

−−できた彼女さんですね。

「ほんとにね。でもその時はそんな彼女の優しさが当たり前だと思っちゃってたんだよね。その後付き合う女性はみんな“仕事終わったら連絡欲しい”とか“寂しいよ”とか言ってくるんだよね。もちろんその気持ちもわかるんだけど、僕にはそんな余裕はなくていつも別れちゃうんだよね」
失ってから気づく優しさ
−−よりを戻せないんですか?

「彼女を失ってから、すごく僕の心の支えになってたことに気づいて。半年後に再度連絡してみたんだけど、振られちゃった。その後別の彼氏ができたって話もきいたから、もうこちらから連絡はしないようにと思ってる。でも、やっぱり思い出しちゃうね」

 

“女性の鏡”とも言っていい彼女たちがたくさん出てきました。あなたはこんな風に元カレの記憶の中に留まっていそうですか?

もちろん、どんな女性が好きなのかはそれぞれあるでしょうが、今回の女性たちはみんな相手のことを思って献身的に尽くすタイプだったように思えます。

できることなら、いまの彼氏の“最高の元カノ”になってみたいものですね。

 

関連記事(外部サイト)