水着で男友達と…!? 彼が「夏を大嫌いになった」エピソード4つ

水着で男友達と…!? 彼が「夏を大嫌いになった」エピソード4つ

記事画像

夏のデートって暑くてイライラしちゃうこともあります。イライラからケンカに発展し、カップルの間に亀裂が入ったという経験があるひとも多いハズ。男性たちに「夏のケンカで彼女のことを嫌いになったことってありますか?」と聞いてみたら、「彼女じゃなくて夏の方を嫌いになった」との回答が。どんなことで夏が嫌いになったのか聞いてみました。

1:彼女が他の男友達と海へ遊びに……
「元カノなんですけど、“友達と海に遊びに言っていい?”って聞いてきたので当然女友達だと思って“いいよ”って言ったら、実は男友達とだったことがあって……」(Wさん/28歳)

−−何で知ったんですか?

「彼女のSNSです。海にいる間にアップしてるの見つけて、すぐに“友達って男友達だったの!?”ってLINEしたら、“え? そうだよ? いいって言ったよね?”って言われちゃって、それ以上何も言い返せず我慢しました」

−−優しいですね。怒ってもよさそうなモノなのに。

「そうですか? でも一応“いいよ”って言ったし。でも夏はそうやって他の男友達とも遊びに行くってことがありえると思うと、海とか行ける夏って嫌いだーって思いました」

 
2:暑すぎて手を繋ぐのを拒まれた
「夏は暑いのが当たり前ですけど、彼女が暑さに弱いのかデート中に手を繋ぐことさえ拒んできて。早く夏終わらないかなぁって」(Tさん/29歳)

−−あぁ、夏は少しでも相手に触れたくないって、ちょっとわかります。

「僕だってわかりますけど、でもせっかくのデートなら手ぐらい繋ぎたいじゃないですか」

−−それなら涼しいところに行けばいいのでは?

「そう思って水族館に誘ったら、今度は魚に夢中で走り回ってて(笑)。落ち着いて手を繋いで散歩とかできる秋が恋しいです」
【夏特集】「LOVE×ニオイ」汗・ニオイケアできてる?
 
3:肩がぶつかっただけで「ベタベタするー」
「この前すっごいショックを受けたエピソードがあるんですけど! 彼女とデートで街中を歩いていたら、フッと彼女に肩が触れたんですね。その瞬間、ベタッってして、彼女から“いやー、ベタベタするー”って言われて……」(Nさん/30歳)

−−それはちょっとショックですね。

「でしょ? 暑いから汗かくのって当然じゃないですか? 別に彼女は批判したかったわけじゃないんでしょうけど、なんか拒否されてる感じで辛くて」

−−夏以外ならベタベタできるのに?

「そうそう(笑)。やっぱり夏って少しだけでいいですよね。冬は彼女のほうからくっついてきてくれるから、冬が好きです!」

 
4:日焼けを嫌がり家デートばかり
「女の人ってそんなに日焼けがイヤなんですか? 今カノは本当に日焼けを少しでも避けたいらしくて、今年の夏はどこにもデート行けてないですよ」(Fさん/26歳)

−−絶対に焼きたくないって人はいますよね。

「でも日焼け止め塗るとか、日傘さすとか対策はあるでしょー。しかも家デートでも俺の家まで来るのに日焼けするかもしれないからって、毎回彼女の家なんですよ。さすがにちょっと飽きてきて」

−−夜に誘ってみては?

「夜はいいかもしれないですね。でも、彼女すごく睡眠の質とかにもこだわりがあるから、夜も遅くまでは遊べないですね。今19時くらいまで明るいから、外で遊べても2時間とかかぁ……。あぁ、早く夏終わって欲しいー」

 

本当にみなさん、よく彼女のことを嫌いにならずに夏を悪者にしてくれてますよね。でもきっと、冬が来たら冬がきたで、また別の問題も起こってしまって、「早く暖かくならないかなぁ」って言い出すんですよね(笑)。

 

関連記事(外部サイト)