「元カノ=都合のいい女」って本当!? 元カレが急に連絡してくる心理

「元カノ=都合のいい女」って本当!? 元カレが急に連絡してくる心理

記事画像

元カレから突然連絡がキタ!……あなたが今幸せいっぱいなら「何をいまさら」と無視できるはず。でも、元カレにちょっとでも未練があれば「一体どういう目的で?」と心がかき乱されますよね。もしかして復縁したいの? それとも単なる遊び目的!? そこで今回は、心理カウンセラー・近藤あきとし氏に“男性が急に元カノと連絡をとりたくなる心理”についてお話をうかがいました。

急に連絡してくるのは“復縁したい”から!?
ーー元カレから急に連絡がきたら、女性としては「私とヨリを戻したいの? それとも、てっとり早くエッチしたいだけ!?」と悩んでしまいますが……。

近藤:もちろん、復縁したいとか、体の関係を持ちたいとか、そういう目的の場合もあるでしょう。

しかし、男性の場合、そういう明確な目的なしに“ふと懐かしくなって”元カノに連絡してしまう傾向があります。

ーーえーっ、なんとなく連絡してくるんですか!?

近藤:はい。たとえば、昔デートで訪れた場所、一緒に観た映画、付き合っていた当時流行っていた曲……。そんなものに、日常生活のなかでたまたま触れる機会があると、急に思い出が蘇ってきて、元カノの声が聞きたくなることがあるんですね。

深いワケがあって連絡してくるとは限りません。

ーーじゃあ、女性のほうがあまり深読みしないほうがいいということでしょうか?

近藤:そうかもしれません。というのも、男性は女性よりも感情処理が大雑把で、都合の悪いことを忘れやすい傾向があります。

女性のほうが感情がキメ細やかで、「別れに伴う怒りや悲しみの記憶」が残りやすいのに対し、男性のほうでは、「いい思い出」しか残っていないわけです。

このように、男女で感覚にズレがあるので、女性があれこれ深読みしても、実は元カレのほうでは全然そんなつもりじゃないという可能性はあります。

ーーもしかして、結構ひどい別れ方をした元カレがシレっと連絡してくるなんてことも!?

近藤:そういうこともあるかもしれませんね。

 
“元カノ=都合のいい女”ってホント!?
ーー“ふと懐かしくなった”なんて軽い気持ちで連絡してくるだなんて、女性としてはびっくりです。本当にそれだけの理由なんですか?

近藤:仕事なり人間関係なり物事がうまくいってなくて、“なぐさめてほしい”とか“自信を取り戻したい”という気持ちはあるかもしれませんね。

今現在、生活が充実している男性であれば、わざわざ過去にすがる必要はないので、“元カノに連絡したい”という衝動は起こりにくいと考えられます。

ーー自分が弱っているときに元カノについ連絡してしまうのは、“未練”とは別物なのでしょうか?

近藤:そうですね。男性にとって元カノって“安心できる存在”なんですよ。特に、付き合いが長かった元カノならば、自分のかっこ悪い部分も含めてすべてさらけだすことができるという安心感があります。

弱っているときに連絡してくるのは、未練があって復縁したいというより、“精神的に都合のいい女”を求めているのかもしれません。

 
こんなときには即ブロック!
ーー“都合のいい女”といえば、「元カノならばヤラせてくれそうだから」なんて下心で連絡してくる輩もいると聞きます。それを見分ける方法はありますか?

近藤:酒の勢いで連絡してくるとか、あとは、やたら下ネタとかエッチな内容を盛り込んでくるとかですね。

自分と同じ気持ちに相手を誘導しようと目論んでいるわけです。

ーー欲望に忠実というか、わりとストレートなやり口ですね。そんな連絡がきたら即ブロックしたいです。

 
元カレとうまく復縁するには?

ーー下心まるだしのゲスは例外として、元カレから連絡があったら、なつかしい気持ちになって「できれば復縁したい」という女性もいると思います。どうすれば、元カレとうまく復縁できるでしょうか?

近藤:元カレからの連絡には、なるべく冷静に慎重に対応することをおすすめします。

連絡がきたことに舞い上がって、その勢いで復縁してしまうと、前回と同じ失敗を繰り返す可能性が高いからです。

1度は別れてしまったということは、そこに必ず“何か原因”があるはず。まずは、2人がうまくいかなかった原因をきちんと見つめ直さなければ、復縁はうまくいきません。

ーーなるほど。前回と同じパターンにハマってはダメ。ということは、“懐かしい気持ち”になるのって実は危険な兆候なんじゃ……。

近藤:その可能性はありますね。復縁といっても、“昔と同じ関係”に戻るのではなく、“新しい関係”を築いていくことが必要です。

ですから、元カレと真剣に復縁したいのであれば、女性は当時とは異なる“新しい自分”をカレに見せていくといいでしょう。

それに呼応して、カレも“新しい自分”を出してくれれば、2人の関係はどんどんよい方向に向かうと考えられます。

ーー逆に、女性が“新しい自分”を見せたのに対し、カレが「昔のほうがよかった」とガッカリするような場合は?

近藤:残念ですが、その場合はカレとはご縁がなかったものとして、距離をおくことをおすすめします。

さきほど申し上げたとおり、“昔と同じ”では、懐かしくて居心地がいいのはほんの一時的で、いずれは前回と同じ失敗パターンにはまって結局は悲しい思いをすることになりかねません。

ーー真剣に復縁したいなら、生半可な気持ちでなく、それなりの覚悟をもって、カレとも自分とも向き合う必要がありそうですね。

 

よく「女性は上書き保存、男性はフォルダ保存」などといわれますが、昔の恋人に対する捉え方は、男女で微妙に異なるようです。

もしあなたに“忘れられない元カレ”がいるなら、そのカレから急に連絡がくることに備えて、今回のアドバイスをぜひ心にとどめておいてくださいね。

 

【取材協力】

近藤あきとし・・・・カウンセリングサービス所属の心理カウンセラー。失恋・浮気・片想い、また不倫・離婚・セックスレスなどの男女関係の問題、コミュニケーション・自己成長に関わる問題、親子間の葛藤・母子癒着など家族関係にあらわれる問題の解消など、幅広い分野を得意とするカウンセラー。理論を駆使した「心理分析」と、感覚を活用する「セラピー(心理療法)」の両面で感情を癒すことを強みとしている。

 

関連記事(外部サイト)