ねぇ、私だけ見てよ!恋する女の子が「嫉妬しちゃう瞬間」3つ

ねぇ、私だけ見てよ!恋する女の子が「嫉妬しちゃう瞬間」3つ

記事画像

大好きな彼氏が他の女の子と仲良くしていたら、ちょっぴり拗ねた態度をとるのも恋のうち! かわいい嫉妬は、彼氏としての自信とモチベーションを上げる、大事な役割を果たします。今回は、大好きな人にはとことん全力を注ぎたい、「恋する女の子の嫉妬しちゃう瞬間」をご紹介します。

1:遊びに行く支度がやけに念入りな時
いつも以上にヘアセットに全力を注いでいたり、やけにファッションを気にしていたり。はたまた、いつもは磨きもしない靴を磨きだしたり……。

そんな彼の姿を見て、いい気分でいられるわけがないですよね。だって、自分とデートするわけでもないのですから! 「私とのデートの時は適当なのに!」と、文句を言いたくなるのも仕方ありません。

そんなに自分をよく見せて、一体どこに出かけるのでしょう? 「もう、一体、私以外の誰とデートなの?」と、心配でたまりません。これは完全にジェラシー。恋する女の子が文句を言いだしたらきりがありません!

しかし、そんな時に限って、ただの男友達との遊びだったりするのです。白黒はっきりするまでは、彼を責めすぎないように。「嫉妬深い女だな」と思われてしまいかねません。

 
2:四六時中、携帯に夢中!!
一緒にいるのに、携帯に夢中!そん彼に困ってるけど、大好きで一緒にいてしまう……という女の子は少なくないでしょう。口には出さないものの、本音としては「携帯と私、どっちが大事なの?」という気持ち。

当たり前です。ゲームがそんなに大事なのでしょうか? そんなにLINEしたい人でもいるのでしょうか? 「だったら、携帯の中に住めばいいのに!」と言いたくなってしまいますね。

ちゃんと、目の前にいる彼女と向き合ってもらいたいものです。でも、「やめて!」って言えない。それは、彼のことを大好きだからなんですよね。自分のそばからいなくなってしまうくらいなら、たとえスマホに夢中でも、一緒にいてくれるほうがまだまし。

しかし、その不満が大きくなって爆発しちゃうかも……! その前に、彼氏は彼女の思いに気づくべきですよね!
「愛され女子のお家デート術」マンネリ化を防ぐ必殺ポイントとは?(sponsored)
 
3:芸能人をやたら“かわいい”と褒める
芸能人がかわいかったり、キレイなのは当たり前です。男性の理想が詰まった人たちの集まりなんですから。それなのに、テレビを見ながら「本当にかわいいわ。やばい」などと言っている彼に対し、女の子はモヤモヤ、イライラ……。

「いやいや、あっちはあんたのこと知りもしないから」これが本音です。どんなに大好きな彼でも、あまり度がすぎると引いてしまいますよね。

また、いつもは女性のことを褒めない彼が、ちらっと「かわいい」とつぶやく場面。これはもう、事件です。「かわいいのは知ってる! しかし、なぜ言う?」と言いたくなってしまいますね。ちゃんと、彼女のことも全力でかわいがってくれなければ、恋する女の子の心は満たされません。

 

いかがでしたか?

彼氏の前では、いつも可愛くいたいものです。たとえ嫉妬してしまう時もかわいく伝えたいものですが、なかなかうまくはいきませんね。