奥さん知ってるの?「不倫狙い男」のズルいお誘いLINE3つ

奥さん知ってるの?「不倫狙い男」のズルいお誘いLINE3つ

記事画像

不倫を虎視眈々と狙っている不届きモノな既婚男子たちは、誘いかたも巧妙。「狙った獲物は逃すまじッ!」とばかりに、女子が断りにくい、素敵かつズルいお誘いを次々と仕掛けてきます。今回は、筆者が実際に見聞きしたズルいお誘いLINEを3連発でお届けしましょう。彼らの奥様は夫のこんな実態を知っているのでしょうか!? いえ、多分知らないはず……。

1:女の子が会いたい人をダシに使って呼び出す

ゴルフをする女子にはゴルフのプロ、サッカー好きな女子にはサッカー選手などなど、狙った女子の趣味を悪用して浮気のキッカケを探ろうとするのも、不倫狙い男の常習テク。

「憧れのプロに会える」とか「大ファンの選手と飲める」とか思えば、万障繰り合わせて出向いちゃうに決まっています!

たいていの女子が断らないのことを知った上で、自分の人脈をフル活用して仕掛けてくるのですから、ズルすぎます。

とはいえ、浮気慣れしている男子ほど、キッカケづくりがお得意なんだよなぁ〜。

 
2:超高級料理店の食事会に「ひとり来れなくなっちゃって〜」

なかなか予約が取れないことで有名なお店のディナーに誘われれば、多少ムリをしてでも参加したいですよね。

しかも、この手のお誘いの場合、基本的に相手がゴチってくれますから、お財布の心配も要りませんし。

不倫狙い男は、その辺りの女子心理もよ〜くわかっているみたいです。

「美味しいものをしこたま食べさせて感謝させつつ、カッコいいところを見せつける俺」とかに酔っているんでしょうか。

この手のお誘い、その場に行ってみたら「いや〜。またドタキャン入っちゃってさぁ。今夜はキミとふたりなんだよねー」……となれば、男の手中にハマったも同然に!?
「愛され女子のお家デート術」マンネリ化を防ぐ必殺ポイントとは?(sponsored)
 
3:クルーザーや競争馬など、バブリーな持ち物で釣る

「船でパーティやるからおいでよ」「ウチの馬が走るから見にこない? もちろん馬主席だよ」などなど、バブリーな趣味の持ち物を披露して、狙った女子を釣ろうとするのも、不倫狙い男の常套手段です。

普段はなかなか経験できなさそうな体験をエサに、狙った女子をおびき寄せようとしているのでしょうね。

この手のズルいお誘いは、バブリーな世界が好きな女子ほど引っかかりやすい。

そのため、不倫狙い男の中には女ウケだけを考えて、バブリーな持ち物を買い漁っている輩もいるんですよ!

ここまでくると、不倫が生きがいかと思っちゃいますよね。

 

不倫をするには、それなりの費用がかかります。ズルいお誘いの仕掛け方にも、おカネのニオイがプンプンしますね。

妻が知らないところで、おカネや人脈を駆使しながら女の子を釣ることに一生懸命な不倫男。その財力だって、妻の内助の功があってこそのものなのに……。本当にズルいですね。

あなたはこんなLINEが届いたら、どんな風に切り返しますか?

 

関連記事(外部サイト)