「彼氏とエッチの相性が悪いかも…」と感じたときの改善策4つ

「彼氏とエッチの相性が悪いかも…」と感じたときの改善策4つ

記事画像

付き合い始めた彼との最初のエッチ。このとき、エッチの相性が悪いかも……って感じたらどうしますか? エッチがダメだから別れる! という人は少数でしょうから、付き合い続けるにあたって、なんとかしてエッチを楽しめるようになりたいですよね。そのためには、どんな手を使えばいいのでしょう。こんなとき、小悪魔な女子たちはどうしているのか、聞いてみました。

1:それとなくリードする
「まずは、自分から“エッチがあんまり好きじゃない”とか、“得意じゃない”って言いますね。そうすれば、あまり楽しんでなさそうに見えても、相手をがっかりさせることはないですから」(Eさん/30歳)

−−そうですけど、それだといつまで経っても改善されませんよね?

「そのままじゃダメですよ。まずは、自分があまりエッチが得意でないことを伝えて、その上で自分の興味のあるエッチの方向に彼を連れて行くんです。相手が下手なら、自分がリードするのがいちばん早いと思うので」

−−具体的には何をするんですか?

「たとえば、エッチの最中に気持ちよくなかったら、“うしろからやってみてくれない?”って聞くとか、“この姿勢、辛いな”って言うとかして、自分が気持ちよくなれる体位を探しますね。それでもダメなら、“胸が感じるんだ”とか言って、相手に自分の気持ちいいところを教えます」

「相手をそれとなくリードして、自分の気持ちいいことをしてもらう」というのが、改善策としてあげられるんですね。

 
2:オモチャに頼る
「もう体の問題で相性がよくないなら、仕方ないので、オモチャとかの力を借りちゃいましょう!」(Uさん/28歳)

−−オモチャっていきなり言うと引かれません?

「まぁ、いきなり自分のオモチャをどっさり持ってきたりしたら、引かれるでしょうね。だから、そこは一緒に見に行くとか、ネットで一緒に選ぶとかして楽しんじゃうといいと思います」

−−オモチャが嫌いといわれたら?

「それは仕方ないかなぁ。そしたら、オモチャと同じようなことを彼にして欲しいって頼むのがいいかも。でも、大体、男の人ってエッチな女の子好きだから、オモチャを使ってすごく感じてる姿みたら喜びますよ」

気持よくさえなれば相手が興奮してくれるのなら、オモチャもひとつの手段ですね。
「愛され女子のお家デート術」マンネリ化を防ぐ必殺ポイントとは?(sponsored)
 
3:完全にリードする
「私なら、主導権を握っちゃうなぁ。1回目のエッチで相性があんまりよくないって感じたら、2回目の時に“私攻めるのも好きなんだけど、ちょっと攻めてもいい?”って誘惑します」(Gさん/28歳)

−−それはなかなか技術がいりそうですね。

「そうでもないですよ。服を脱がせつつ、お口でしてあげて、先に気持ちよくなってもらっちゃうんです。そうすると、相手もいきやすくなるし。あと、自分が上で動いてると自分が気持ちいい場所を探しやすいでしょ?」

−−そうですけど、それって彼にも伝わりますかね?

「それは声とか変えて伝えればいいんですよ。すごくいい場所の時だけ喘ぎ声を大きくしたりして。そうしたら、彼も学習してくれますから」

自分の気持ちいい場所をそれとなく相手に伝えていけば、だんだんと、相手がソノ場所をわかってくれるそうですよ。

 
4:感じて、育てる
「褒めて育てる……がいいと思うのですが、デリケートな問題ですからね。あまり言葉でどうこう言うと、傷つけちゃうので。だから、“感じて、育てる”」(Mさん/29歳)

ーー感じて、育てる!?

「そうです。相性が悪くても、ごくたまには、“気持ちいい”ときもあると思うので、その瞬間に、思いっきり感じている演技をします。相手が“この子ってこういうのがいいんだ!”ってわかってもらうのを、じっくりと待ちますね」

「言葉をかけるのではなく、反応でわかってもらう」という作戦。自分好みのエッチができる彼氏に育ったら、なんか嬉しいですよね。

 

エッチだけがすべてではないですが、エッチの時間が苦痛になってしまうと、段々と彼との距離も遠くなる可能性があります。

相性がよくないなと思ったら、早めの対処を考えましょう!

 

関連記事(外部サイト)