「ねえ、冷めたの?」彼氏に既読無視されても…美人の心得3つ

「ねえ、冷めたの?」彼氏に既読無視されても…美人の心得3つ

記事画像

彼氏からのLINEの返信が来ない……。何でだろう……もう冷めてしまったのかな……。飽きてしまったのかな……。つい、何度もLINEのトーク画面を確認してしまうけれど、既読マークがついたあとも、いつまでたっても返信がない。もう、不安で不安でいてもたってもいられない! 今回は、そんなときに心を落ち着かせて気長に待つ、「美人の心得」をご紹介します。

1:美の追求
美しいものは何度見ても美しいままで、心惹かれるものです。

花がその象徴とも言えるのではないでしょうか? 情熱的な真っ赤なバラは美しさ、華奢なコスモスはかわいらしさと愛らしさ。

このように花は女の子の目を潤し、心を満たしてくれます。花を女性にたとえることもあるように、花同様、女の子は多種多様な個性を持つ美しい存在なのです。そこに、終わりはありません。

LINEの返信が来ない時間を存分に活かして、いつもより少し念入りにスキンケアをしたり、ゆっくりお風呂に浸かってストレッチをするなど、自分の身体と向き合う時間にあてるのもいいでしょう。

また、読書をしたり、勉強をしたり、あるいは映画を観たりと、心の教養を高める時間は内面の美を育みます。そうした知識は、自信となり、凛とした表情を引き出してくれます。

 
2:自分自身をhappyにしてあげる
彼の返信が来る来ないに一喜一憂している恋す女の子にとっては、彼がいなくなったらもう大変。

いつだって彼の言葉を受け止め、その存在に幸せをかみしめながら生きているのです。友達といても、美味しいスイーツを食べていても、彼のことで頭の中はいつもいっぱい。「それ以上の幸せはこの世にない」と確信しているでしょう。

しかし、それでは少し返信がこなかったり、彼が自分以外のところで時間を使っている場合、とっても寂しくなって、ブルーな気分になってしまいます。

過剰な愛は相手だけでなく、自分自身の自由まで奪いかねません。それでは、心に余裕を持つことができずに、せっかく大好きな彼といてもhappyなオーラはゼロ。

いつも不安と闘わなければいけなくなってしまいます。

彼のためにも、自分の力で幸せな気分を味わう努力をしてみてください。自分の幸せは自分で掴むものです。少しの努力が、ふたりの将来に繋がると思えば、一層、気が引き締まりませんか?
「愛され女子のお家デート術」マンネリ化を防ぐ必殺ポイントとは?(sponsored)
 
3:趣味に没頭する
絵を描くこと、料理をすること。得意なことじゃなくても、ただ好きなことに時間を使うことはとっても大事なことです。

ここで重要なのは、「好き」だということ。それだけでいいのです。彼の100%になろうと必死になっても、いいことはありません。完璧な彼女でいる必要もありません。好きなものに没頭する時間は、私欲以上に心地のいい時間を与えてくれます。そこには、邪魔な感情はありません。

彼に、「もっともっと」を求めないで、今を受け止めてみてください。「ただ好き」。それだけでいいのですから。難しいことは考えずに、「のんびり待ってあげること」。これも愛のうちです。

 

いかがでしたか?

恋する女の子の心はとっても繊細で壊れやすくなっています。時には、自分自身でその心をうまくコントロールしてあげることも必要ですよ。

 

関連記事(外部サイト)