コメダ珈琲店の夏の風物詩--桃シロップ×紅茶ゼリーの"ピーチティー氷"登場

コメダ珈琲店の夏の風物詩--桃シロップ×紅茶ゼリーの"ピーチティー氷"登場

画像提供:マイナビニュース

コメダ珈琲店はこのほど9月下旬までの期間限定で、コメダ名物「かき氷」を販売開始した。

「ふわっ、ヒヤッ、じゅわー」が合言葉のコメダ名物のかき氷が、今年も新フレーバーを加えて登場。大きな氷の塊をかいたふわっとしたかき氷にこだわりのシロップがかけられており、一口食べれば、ヒヤっとした氷とみずみずしいシロップがじゅわーと口の中で広がる仕上がりとなっている。

毎年好評の選べるトッピングを組み合わせて、かき氷を自分好みの「デザート氷」にカスタマイズできるのもコメダ流で、食べ応えたっぷりのサイズで楽しめる。

「ピーチティー氷」は、国産桃を30%使用したみずみずしいシロップをかけ、ぷるぷるの紅茶ゼリーをのせた一品。ピーチティーのような味わいを楽しめるほか、ヒヤっとした冷たい氷とゼリーのぷるんとした食感がたまらないかき氷となっている。また、ピーチティー氷は、練乳とソフトクリームをのせて楽しむのもおすすめ。シロップのみずみずしい甘さが、練乳やソフトクリームの優しい甘さに引きたてられ、デザート氷としてより一層うま味が向上する。価格は650円(ミニ550円)。

珈琲店ならではの「コーヒーミルク氷」は、コメダの珈琲を使用したオリジナルシロップと、店舗で手作りしているコーヒーゼリーを組み合わせ、まさに食べるアイスコーヒーとなっている。おすすめトッピングのソフトクリームと相性抜群の仕上がりとした。価格は720円(ミニ620円)。なお、「コーヒーミルク氷」は練乳を使用している。

また、昨年人気だった「みかん氷」が今年も登場する。国産の温州みかんを使用したシロップのほのかな甘さが魅力で、おすすめトッピングは練乳とソフトクリーム。子どもから年配者まで楽しめる昭和の昔懐かしい氷やさんの味わいが再現されている。価格は590円(ミニ490円)。

また、新しいシロップでよりスッキリとした味わいになった「いちご氷」(500円/ミニ400円)や、定番人気の「抹茶氷」(600円/ミニ500円)もそろう。

トッピングは、「ソフトクリーム」(110円)、「練乳」(70円)、「小倉あん」(110円)となる。販売期間は9月下旬までを予定しており、販売店舗は全国のコメダ珈琲店(一部店舗を除く)となる。なお、一部の店舗では販売価格が異なる。また、一部の店舗では販売をしていない。店舗により、販売開始時期が異なる。

※価格は全て税込
(エボル)

関連記事(外部サイト)