コメダ珈琲店の新作「飲むとプリン」はプリンそのもの! 一度飲んでみて

コメダ珈琲店の新作「飲むとプリン」はプリンそのもの! 一度飲んでみて

画像提供:マイナビニュース

コメダは6月1日、「ジェリコ」シリーズの「飲むとプリン」(税込620円)、「元祖」(税込540円)を全国の「コメダ珈琲店」店舗で期間限定発売する。「ジェリー」と「アイスコーヒー」を掛け合わせたという「ジェリコ」シリーズは、2017年で4回目の登場。発売する「飲むとプリン」は、子どもから大人まで幅広く楽しめそうな商品だ。味が気になるので、ひと足先に飲んでみた。

ホイップクリームにビターなカラメルソースがかかっている「飲むとプリン」の中身は、カラメルゼリーとミルクセーキ。同社自慢の「ミルクセーキ」をアレンジして、プリンに近い味わいを生み出したのだとか。

まずはストローを差し込み、そのまま飲んでみよう。するとミルクセーキから卵の甘さが舌に伝わり、その後カラメルゼリーの苦味が広がるので、その味はまさにプリンそのもの! 続いて、ホイップクリームを混ぜ合わせて飲むと、甘味が足されてまろやかな味わいになった。冷たいゼリーで清涼感があり、さらにスイーツらしく飲んだ後に癒やされる一杯だった。

同時に発売した「元祖」は、アイスコーヒーにコーヒーゼリーを入れ、ホイップクリームを仕込んでいる。飲むコーヒーを体現しており、ぷるっと爽やかな味わいは今年も健在だという。

さらに、少し先だが8月1日には「マンゴーヨーグルト ジェリコ」(税込620円)も登場。同商品は、「アルフォンソマンゴー」の果汁を使用したマンゴーゼリーと、ヨーグルトドリンクを組み合わせている。ヨーグルトの酸味とマンゴーの甘さが溶け合うデザートドリンクだ。

今回発売する「飲むとプリン」「元祖」は、7月下旬までの販売を予定している。ドリンクでプリンを表現している「飲むとプリン」は、新鮮な感覚なのでぜひ一度飲んでみてほしい。
(福田啄也)

関連記事(外部サイト)