600gまで同価格! つけ麺の自家製肉うどん店「うつけ」が霞ヶ関にオープン

600gまで同価格! つけ麺の自家製肉うどん店「うつけ」が霞ヶ関にオープン

画像提供:マイナビニュース

WDI JAPANは6月1日、つけ麺スタイルの肉うどん専門店「うつけ」を、東京都千代田区内幸町にオープンした。

同店は清潔感あふれる和モダンなインテリアの中、自家製うどんをつけ麺スタイルで楽しめる肉うどん専門店。東京メトロ「霞ヶ関駅」に直結する飯野ビルディング地下1階の、「イイノダイニング」にて開店した。

うどんは、こだわりの100%北海道産の小麦を店内で製麺し、2段階熟成でしっかり育てた上で茹で上げ、冷水で一気に締めて提供。艶のある平打ちの太麺はもっちりとかみ心地がよく、コシとのどごしを楽しめるという。

麺は値段は変わらず、1玉(200g)、1.5玉(300g)、2玉(400g)、3玉(600g)から好きな量を選択可能。うどんをつけるつゆは、4種類の「ふし」(潤目鰯、鯖、宗太鰹、鰯)と昆布で丁寧にひいた出汁と、ヒガシマル醤油をベースにした「かえし」で風味豊かに仕上げている。

うどんは、冷たいつけ汁のうどんを3種類、温かいつけ汁のうどんを1種類を提供(麺は共通)。卓上には天かす、ラー油、白ゴマ、七味、一味、ゆず胡椒、すりおろし生姜などの薬味を用意している。

代表メニューは、「牛肉辛つけうどん」(800円)、「豚肉熱汁つけうどん」(800円)、「鶏肉天つけうどん」(750円)、「海苔つけうどん」(600円)となる。

最後の仕上げとして、うどんを味わった後、残ったつゆにポットの白だしを注ぎ、出汁の旨味を楽しめる。また、飲物は生ビール、焼酎(麦・芋)、日本酒、梅酒、レモンサワー、ウーロンハイ、コカコーラ、オレンジ、烏龍茶をそろえている。

※価格は全て税込
(エボル)

関連記事(外部サイト)