レジリエンスを高めてストレス社会をしなやかに生きる!

レジリエンスを高めてストレス社会をしなやかに生きる!

画像提供:マイナビニュース

●レジリエンスとは何か

「レジリエンス」という言葉をご存じだろうか? もともとは物理学用語でバネの弾力・弾性を意味する言葉だが、1980年代頃から「逆境を跳ね返す力、うまく対処する力」として心理学や精神医学など幅広い領域で用いられている。我が国では、東日本大震災後に一般に広く知られるようになった。

ストレス社会と呼ばれる昨今、大手企業の若手社員が長時間労働のストレスで自ら命を絶った例に代表されるように、就労問題による精神疾患や自殺が社会問題となっている。ストレスに負けずに現代社会を生き抜くにはどうすべきか? 今回は労働者の現状とレジリエンスに焦点を当てて解説する。

○労災の現状

厚生労働省の平成26年度「過労死等の労災補償状況」によると、労災の認定請求件数と決定件数ともに増加傾向であり、いずれも10代から30代の若年者が約半数を占める。労災によるストレスは、長時間労働とそれに伴う睡眠不足が最大の要因である。

同報告によると、毎月100時間以上の残業をしていた場合は労災と認められるケースが多く、これは残業を含んで週に65時間以上働くことに相当する。なお、週60時間以上労働している若年労働者は約10%であった。この中で週に65時間以上労働している若年労働者も多いと考えられるため、約10%中のかなりの割合が潜在的な労災予備軍であると言える。

○レジリエンスが高い人の特徴

長時間労働などの過酷な経験を同じようにしていても、人によって逆境を跳ね返す力は異なり、ストレスの感じ方も人による。レジリエンスが高い人の特徴として、自己効力感や自己肯定感、ユーモア、忍耐強さ、楽観主義、創造性、寛大さなどを有していることがさまざまな研究によって明らかにされてきた。

大切なものを失って悲嘆にくれることや、将来のリスクを予測して不安に感じること、不当な扱いを受けて怒りを感じることは、それ自体は自然な現象である。こうしたマイナスな感情を持ちながらもそれと向き合い、自助努力を重ねて意味を見出していける人はレジリエンスが高いと言える。

●レジリエンスと体の症状の関係
人の体は体温や心拍数、呼吸数などを時に変動させながらも、一定の範囲に保とうとする性質を持っている。人はストレスを受けると心拍数や呼吸数の上昇、ホルモン値の変動などの反応が体内で生じる。そして、その反応はストレスに対応する適切な間隔だけ維持され、やがておさまっていく。

こういった生体反応は短期的にはストレスに対応するために必要であるが、それが適切に調整されなければ中長期的には体に害を与えうる。例えば、業務上の失敗や上司の叱責、長時間労働などの強いストレスに繰り返しさらされると、レジリエンスが高い人はすぐに回復できても、そうでない人は本来回復すべき反応が機能しなくなり、体調を崩す原因となる。

○レジリエンスは高められるのか

レジリエンスは遺伝や育った環境が少なからず影響しているが、成人してからも高められる。その方法についてはいろいろな研究が蓄積されつつあるが、ここでは森下愛訳「レジリエンス: 人生の危機を乗り越えるための科学と10の処方箋」からいくつか紹介したい。

■楽観主義であること: 現実を見つめ、明るい未来を信じる
■意味、目的を知ること: 人生の出来事を成長につなげる
■社会的サポートを求めること: 相互に支えあう

並べてみると、「何だそんなことか」と思うかもしれない。だが、実際できているかと問われるとどうだろうか?

雇用者が職場の労働環境やストレスについて配慮することはもちろん必要だが、労働者もレジリエンスを高めてストレス社会をしなやかに生きていきたいものだ。

※写真と本文は関係ありません

○記事監修: UHC

東京日本橋にあるベンチャー企業のユナイテッド・ヘルスコミュニケーション(通称UHC)。健康増進アプリ「Wity(ウィティ)」を開発する一方、大手製薬企業のコンテンツ開発を担うなど幅広く活動。社員は心理学、看護学、ロボット工学などの研究者・専門職が多数を占める。皆個性が強く不思議な空気感が漂うが、今日も仲良くお仕事中。
(UHC)

関連記事(外部サイト)