結局どんな味なの? パインアメ味のポテトチップスを食べてみた

結局どんな味なの? パインアメ味のポテトチップスを食べてみた

画像提供:マイナビニュース

「わさビーフ」でお馴染みの山芳製菓は5月中旬に、コンビニエンスストア先行販売商品として衝撃のコラボ商品「パインアメ味のポテトチップス」(税別130円)を発売。一体どのようなコラボ具合なのか……!? さっそく入手して確認してみた!

子どもの頃は頻繁に食べていたキャンディ「パインアメ」。今回発売する商品は、この定番キャンディとポテトチップスがコラボレーションしたものだそうだ。「味わいとしては一口で『パインアメ』の味と分かるよう香りの強さを強調しております」と山芳製菓の担当者は語る。ポテトチップスに合うように、酸味と甘みのバランスを整え、「もう一枚食べたくなるような」フルーツ系の味わいを表現したという。

まず袋を開けてみると、同社がいうように本当に"パインアメの匂い"が! およそポテトチップスらしくない、甘〜い香りが漂ってくる。そして恐る恐る食べてみると……あっ、パイナップルの味! 「パインアメ」らしい甘さも感じつつ、噛みしめていくと最後にはパイナップル風味の酸味が口の中に残った。

最初はポテトチップスなのか、パイナップルなのか、はたまた「パインアメ」なのか頭が混乱していたが、食べ慣れてくるとパクパクといってしまう不思議な味わいの同商品。次第に"甘酸っぱいポテトチップス"として脳が認識していき、確かに「もう一枚……」と手が延びていた。ちなみに、チップス自体は薄めでパリッとした仕上がりだ。

同社は、「数量限定なので商品がなくなり次第、販売終了となります。発売直後はテレビなどでも取り上げていただき、ツイッターなどでも話題になっていたようですよ」とアピールしていた。新しもの好きは、なくなる前にぜひ試してみてほしい。
(Ayumi)

関連記事(外部サイト)