温泉卵が3位! 女性がカロリーを気にせずカレーにちょい足しする具の1位は?

温泉卵が3位! 女性がカロリーを気にせずカレーにちょい足しする具の1位は?

画像提供:マイナビニュース

カレーを作る際、ヨーグルトやコーヒーなどの隠し味を用いる家庭も多い。カレーの旨みをさらに引き出すための工夫だが、既成製品にさまざまなアイテムを加えてもその味わいを十分に高めることができる。いわゆる「ちょい足し」のマジックだ。

ちょい足しレシピといえば、カップラーメンが有名かもしれない。ただ、カレーチェーン店でのトッピングメニューの多さからもわかるように、カレーもさまざまなトッピングで味が千変万化する。いつものカレーにちょっと飽きてしまったときのため、「おいしいちょい足し具材」を知っておいて損はないはずだ。

今回は、女性のマイナビニュース会員225名に「カレーへのちょい足し具材」に関するアンケートを実施し、その具が好きな理由やこだわりの食べ方を聞いてみたので本稿で紹介しよう。

Q. 市販のレトルトカレーをよりおいしくするため、カロリーや栄養面度外視で付け加えてしまう食品を教えてください

1位: チーズ(36.4%)
2位: 目玉焼き(22.7%)
3位: 温泉卵(18.7%)
4位: 生卵(12.4%)
5位: 納豆(11.6%)

■チーズ
・「熱々のカレーライスの上に粉チーズやとろけるチーズを乗せて食べる」(26歳女性/旅行・観光/事務・企画・経営関連)
・「辛さが軽減される」(28歳女性/食品/販売・サービス関連)
・「チーズやトマトをトッピングしてトースターで焼く」(43歳女性/その他/その他)
・「熱々のカレーにチーズをかけて食べると、うまく溶けてマイルドになって美味しい」(34歳女性/食品/事務・企画・経営関連)
・「最近はお店などでも定番になってますが、昔からピザ用のとろけるチーズを入れてました。少しとろけた感じが良いです」(48歳女性/その他/その他)
・「チーズを皿のルーが半分隠れるように乗せる。プレーンな味も楽しみたいから」(44歳女性/その他/その他)

■目玉焼き
・「やっぱり目玉焼きです。味が一味も二味も美味しくなると思います」(51歳女性/その他/その他)
・「目玉焼きでプレミアム感を出します」(40歳女性/その他/その他)
・「半熟に焼いた目玉焼きを崩しながら食べる」(25歳女性/その他/その他)
・「たまに気分を変えてしょうゆを少し垂らして食べる」(51歳女性/その他/事務・企画・経営関連)
・「昔から家のカレーでも目玉焼きが定番だったため、つい乗せてしまう」(35歳女性/その他/その他)

■温泉卵
・「固くなりすぎないように調理して、トロトロの部分をカレーに絡ませて食べる」(29歳女性/宝飾品・貴金属/事務・企画・経営関連)
・「まろやかになっておいしいから」(28歳女性/繊維・アパレル/事務・企画・経営関連)
・「ついでに唐揚げも絡めて食べるとご馳走! 」(51歳女性/その他/その他)
・「カレーに『生卵』ではなく、『温泉卵』にこだわっています。温泉卵を作る製品も購入しました」(34歳女性/教育/専門サービス関連)

■生卵
・「手軽で美味しい。あまりかき混ぜない方が美味しい」(39歳女性/インターネット関連/事務・企画・経営関連)
・「卵黄をごま油漬けにしたものを乗せて、少しずつ混ぜながら食べ進める」(30歳女性/その他/その他)
・「生卵をレトルトカレーに加えると味がマイルドになり、少し単調な味に深みを与えてくれるのでどうしても入れたくなります」(58歳女性/医療用機器・医療関連/専門サービス関連)

■納豆
・「納豆はほぼ毎回入れる。プラス、紅しょうがを入れるのがお気に入り」(38歳女性/その他/その他)
・「納豆に付いているタレを普通に入れて、あればネギもまぜてカレーにかける。まぜずに少しずつ合わせながら食べる。安いレトルトカレーの物足りなさを補ってくれ、栄養もプラスされてとても美味しい」(51歳女性/その他/その他)
・「納豆をソースで混ぜたものをカレーに乗せて食べるのが好きです」(50歳女性/サービス(その他)/その他)

■その他
・「ポン酢: さっぱり食べられる」(22歳女性/その他/その他)
・「チョコレート: 小さいチョコレートを1個入れて食べる」(60歳以上女性/その他/その他)
・「各種ねばねば系: 納豆にシラスやオクラや山芋を追加」(45歳女性/銀行/事務・企画・経営関連)

■総評

およそ3人に1人がちょい足ししているチーズが1位となった。カレーの上にチーズを盛った状態で電子レンジで加熱し、チーズをトロトロにさせた状態で食すという女性が大半だった。その量はといえば、スライスチーズを1〜2枚という回答もあったが、とにかくたっぷりかけるという意見のほうが主流派だった。

2位には目玉焼きが入った。卵黄がカレーに加わると味がまろやかになるため、「一度で二度おいしい」点が卵を使う最大のメリットだろう。また、ハンバーグや焼きそばに目玉焼きが乗っているとちょっとした贅沢感があるが、カレーでも同様のようだ。

3位は同じく卵料理から温泉卵がランクイン。生卵や目玉焼きとは違う、あのツルツルプルプルの見た目や食感が支持されていた。なお、6位以下はウスターソース(7.1%)、キムチ(5.3%)、マヨネーズ(4.9%)といった顔ぶれとなっていた。

ちなみに男性にも同様の質問をしたところ、チーズがダントツとなっていた。どの料理とも相性がいいその汎用性の高さから、当面はチーズが「ちょい足し界のキング」かもしれない!?

※写真と本文は関係ありません

調査時期: 2017年5月19日
調査対象: 女性マイナビニュース会員
調査数: 225名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

関連記事(外部サイト)