だるい・肩こり・疲れなどの「プチ不調」を自分で改善できる方法とは?

だるい・肩こり・疲れなどの「プチ不調」を自分で改善できる方法とは?

画像提供:マイナビニュース

ディスカヴァー・トゥエンティワンはこのほど、『1ウィーク セルフケアブック 自分の身体は自分で治す』(1,400円・税別)を発売した。

同書の著者は、22年間にわたってヨガ&フィットネス講師として活躍する山本華子さん。東洋医学についての知識も豊富だという。同書では、ストレッチ&ヨガ、ツボ押し、食事で「なんとなく不調」という状態を改善に導くメソッドを紹介している。

「なんとなく不調」という状態は、「病院に行くほどではないが何となく調子が悪い」「肩や首のこり」「慢性的な腰痛」「冷えやすい」「むくみやすい」「疲れやすい」「寝付きが悪い」など。しかし忙しい現代女性は、なかなかそれらのケアを行う時間がなく、我慢したり市販薬でやり過ごしたりするケースも少なくないという。

同書では、そのような忙しくて時間がない人を対象に隙間時間でできる実践的な不調改善メソッドを紹介。身体が硬くてもラクラクできる「ストレッチ&ヨガ」、「いつでもどこでもできるツボ押しケア」「今日から取り入れられる食事ケア」などを掲載した。症状に応じて行える「1week プログラム」も付いている。
(フォルサ)

関連記事(外部サイト)