立ち食いそば散歩 (67) そばをたぐりながら一杯もいい! 半蔵門「あさひ」の"牛肉そば"は上品なお味

立ち食いそば散歩 (67) そばをたぐりながら一杯もいい! 半蔵門「あさひ」の"牛肉そば"は上品なお味

画像提供:マイナビニュース

今日は半蔵門の立ち食いそばに臨んだ。半蔵門の立ち食いそばと言えば、以前「そばうさ」を紹介したが、読者のみなさまは食されただろうか。オリジナリティあふれる絶品のつけそばが味わえることで人気の店なので、ぜひ一度。今回訪れたのは、そばうさとは正反対の様相を呈している「あさひ」。東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅から徒歩2分ほどの立地になる。

○ほんのり高めのラインナップ

外観はどことなく洋食屋っぽい。緑色の庇(ひさし)には屋号と一緒に「stand soba」の文字がある。プリントされたメニュースタンドに、起き上がり小法師風の人形があるのだが、これはなんだろうか……。自動ドアの入り口から入る。

正面に券売機が一台。それを左右と後ろに取り囲むような形で飲食スペースがある。厨房は奥の突き当り。俯瞰で見ると「口」の形をした店内になる。平日の13時過ぎ、まだまだランチのコアタイムということで、店内は8割ほどの客入りでにぎわう。

3〜4人いる店員も大きな声を出しながらキビキビと動いている。ラインナップはごくシンプル。たぬき、わかめ、月見、えび天などのそば(温・冷)に親子丼などの丼もの、カレーライス、それにセットメニューがある。価格帯は、ほんのり高め。中でも高い部類の「牛肉そば」(税込540円)を注文することにした。

○余分な脂を落とす丁寧な仕事

食券を渡し、水を飲みつつしばし待つ。壁を見ると、ビール、日本酒、焼酎まで取り扱いがあるようだ。夕方になると、そばをたぐりながら一杯やる客も増えるのかもしれない。なんてことに思いを馳せつつ、3〜4分しっかり待った頃にできあがり。

肉そばはこの連載を通じても何杯かいただいているが、見た目も味もかなり上品な一杯。肉の余分な脂は落とされており、味付けも濃すぎず。ダシの塩味とのバランスがよく、細麺ののどごしもやさしい。安さ、早さだけを求めるだけではない、丁寧な仕上がりになっている。

帰り際、ふと扉脇のかごを見ると、当店のチラシが。チラシにはトッピングクーポンがついており、何枚か破られて使われた形跡があった。太っ腹である。

○筆者プロフィール: 高山 洋介(たかやま ようすけ)
1981年生まれ。三重県出身、東京都在住。同人サークル「ENGELERS」にて、主に都内の銭湯を紹介した『東京銭湯』シリーズを制作している。
(高山洋介)

関連記事(外部サイト)