八王子エリア最大級! 家族で遊べる新商業施設「イーアス高尾」の魅力

八王子エリア最大級! 家族で遊べる新商業施設「イーアス高尾」の魅力

画像提供:マイナビニュース

●買い物だけじゃない! おもちゃや動物とも触れ合えるスポット
東京都八王子市にて、6月22日にオープンする新商業施設「イーアス高尾」。高尾駅から徒歩6分の立地で、スーパーマーケットやファッション・家具、カフェ・レストランやアミューズメント施設まで、計120店舗を擁した八王子エリア最大級のショッピングセンターだ。"子育てファミリーからアクティブシニアまで"をターゲットにしているだけあって、子連れ客がうれしい施設や工夫が満載。早速紹介しよう。

○ニトリにセリアにトイザらス! 家族がうれしい店舗の数々

スーパーマーケット「三和」、スポーツ用品の「スーパースポーツゼビオ」、家電の「ノジマ」、インテリアの「ニトリ」、そして玩具・ベビー用品の「トイザらス・ベビーザらス」が核テナントとなっている同施設。

特に今年に入ってから初の新規出店となる「トイザらス・ベビーザらス」は、子どもを遊ばせながら買い物が楽しめる工夫が詰め込まれている。同店が特に意識しているのは、子どもたちが実際におもちゃで遊べる場所を作ること。シルバニアファミリーでお人形ごっこができたり、シューティングゲームができたり、記念撮影用のおもちゃの車があったりと、訪れるだけで楽しい。

店舗内にはベビー休憩室も完備されていて、授乳やオムツ替え、ベビースケール(赤ちゃん用の体重計)による体重測定も可能。通路の幅は広く取られているので、ベビーカーでも安心して買い物できそうだ。

さらに100円ショップの「Seria」も、「都内では、比較的規模の大きい店舗」(店長)とのことで、新商品も店頭に並びやすいという。DIYに使える商品がそろった「手作りコーナー」も豊富な品ぞろえとなっている。

○フクロウに触れられる! 3歳以下は無料の"ふわもふ動物"カフェ

そしてぜひとも訪れてほしいのが、フクロウや猫、インコにトカゲなど、約20種類の動物と交流できる「Moff animal cafe」だ。

中でも注目なのは、4羽のふくろう。スタッフに声を掛けると腕にのせてくれ、ふわふわの羽に触れることができる。

猫と鳥は、それぞれスペースが設けられているほか、トカゲは手に乗せることも可能。うさぎやモルモットといった身近な動物に加え、ミーアキャットやパンダネズミなど、普段はあまりお目にかかれない動物を、実際に見ることができるのも楽しい。

入場料は、中学生以上で1,000円、学生(平日のみ)であれば900円、4歳以上で600円、3歳以下は無料(再入場不可/小学生以下は保護者同伴)。家族みんなで訪れてみてもいいだろう。

ショッピングに動物との触れ合い……。これだけでも1日楽しめそうな気がするが、施設内には子どもを思う存分遊ばせてあげることのできるテーマパークも存在する。続いては、そんなテーマパーク「NICOPA」を紹介しよう。

●800円で遊び放題のダンボールテーマパークも! 子連れがうれしい設備の数々
○子どもは大満足! ダンボールでできた遊び場

「NICOPA」には、ダンボールでできた遊具や、ボールプール、すべり台などが設置されていて、平日は400円、土日祝日は500円で20分間楽しめる(10分延長ごとに100円)。平日は800円でフリータイムとなるので、利用しやすいかもしれない。

対象は、身長140cm以下で小学生以下の子ども。18歳以上の保護者が同伴必須(1名100円)となっているので注意しよう。

○ママ・パパが助かる設備も充実

施設全体としても、ママ・パパに優しい設備が充実していて、例えばベビールームのほかに、キッズトイレも完備。

フードコートの桟敷席には、子ども用の手洗い場、ベビーカー置き場もあるので、子連れでも安心して食事できるだろう。

オープンに際しては、周辺地域を巡るシャトルバスが運行されているほか、オープンに際して公共交通機関を利用すると、買い物券やクーポン券が提供されるサービスも展開される予定。週末のお出掛け先として、候補に入れてみてもいいかもしれない。

●information
住所: 東京都八王子市東浅川町550-1
営業時間: 10〜21時(一部店舗は営業時間が異なる場合あり、飲食施設は22時まで)
定休日: 年中無休
アクセス: JR・京王電鉄「高尾駅」から徒歩6分、高尾山インターチェンジより約5分

※価格は税込
(横山茉紀)

関連記事(外部サイト)