「500kcal台以下のやせ麺」を7日食べ続けるダイエットに挑戦! その結末は?

「500kcal台以下のやせ麺」を7日食べ続けるダイエットに挑戦! その結末は?

画像提供:マイナビニュース

●1週間でやせるレシピはどこですか!?
以前に「『やせるおかず』を1週間食べ続けるダイエット」という企画で無事に1.6kg減った私ですが、これに味をしめて「1週間でどうなるかチャレンジ」をシリーズ化するべく、次なるターゲットを探し始めました。

「やせるレシピ、やせるレシピはどこですか……? できれば1週間で効果がでるやつ!! 」

心でそう叫びながら、半ば狂気じみた顔でさまざまな書店を探し回ったところ、見つけました。それが『全部食べてもやせられる! 500kcal台以下のやせ麺100』(KADOKAWA/880円・税別)です。

正直に言います。この本を見たときに「ハハハッ、笑止! 」と内心思いました。糖質を多く含む麺類は、そもそもダイエット業界ではラスボス的な存在。「それを使ってダイエットだなんて、どうかしてるぜ」と思っておりました。その一方で「やせるためだから」という大義名分のもと、堂々と麺に食らいつけるというメリットもあります。

……なんという魅力でしょう! 90年代後半にデビューするやいなや一大ムーブメントを巻き起こした女性シンガーソングライターさんも真っ青なぐらいのautomaticな動きで、気がついたら私はこの本を持ってレジ前に立っていました。

はっきり言いましょう。このときの私は「やせよう! 」という気持ちはほとんどなく「麺を食いまくろう! 」という気持ちで溢れていました。とは言いつつも、一応その"効果"は検証しておこうと思い、開始前後で体重をチェックしておきました。

○「やせ麺レシピダイエット」のルール

前回同様、ダイエット開始時の私のプロフィールと「やせ麺レシピダイエット」をするうえでのルールをご紹介します。

■著者データ

31歳 男性
身長185cm/体重87.1kg(やや太り気味)

■ダイエットルール

・毎日の食事は3回で、そのうち1食分(朝食)を「やせ麺レシピ」にする

・食事は妻の分も作り、妻のメニューはオリジナルを活かした「ちょい足しアレンジレシピ」にする

果たして今回はどんな結果になるのか……。さぁ、チャレンジスタートです!!

○1日目: 豚竜田のキムチ塩そうめん

このレシピ本は「うどん」「中華麺」「パスタ」といった具合に麺の種類によって分かれているのですが、それとは別に「男も満足! ボリューム麺」というコーナーが設けられていました。

私は迷わず、そのページから記念すべき1品目に豚竜田のキムチ塩そうめんをチョイスしました。見た目もいいが味もいい!

サクサクに揚がった豚肉がおいしく、キムチとの相性が抜群でした。水で締めたそうめんに具材を乗せる感じなので、夏でもさっぱりいただける一品です。豚のから揚げが乗っているため、「初日から明らかにカロリーオーバーでしょ」と思いきや、こちらのカロリーは1人分522kcalでした。なかなか信じがたい状況です。

アレンジレシピは、すべて一緒に炒めて豚キムチ風の焼きそうめんにしました。これもパンチがきいていて旨い!

○2日目: しらたき豆乳カルボナーラ

これから1週間、麺を食べ続けていくうえで妻にも同じ食事を食べてもらうことになります。そこで「このレシピの中でどれが食べたい? 」と聞いてみたところ、「しらたき&はるさめでヘルシー麺」のページを開いていました。

妻はやせ型のため、別にダイエットの必要はないのですが、無意識に選んだメニューがヘルシーレシピでした。「こういった意識が大切なんだな」と初日にいきなりガッツリ系を選んだことを少しだけ反省しました。でも後悔はしていません。

妻が選んだのは「しらたき豆乳カルボナーラ」でした。192kcalです。コンビニエンスストアのおにぎり1個ぐらいのカロリーです。すごいです。味付けはカルボナーラなので濃厚ですが、しらたきを使っているため「麺を食べている」という罪悪感は少ないです。食べていた妻もおかわりを所望していました。

アレンジはプチトマトを加えて「トマトカルボナーラ」にしました。チーズとトマトの相性は抜群! ということで、こちらもとてもおいしくいただきました。

●143kcalの酸辣湯麺や500kcalのトマト麺という魅惑の数々
○3日目: ポン酢トマトだれの冷やし麺

暑い日が続いていたため、「さっぱりしたものが食べたい! 」と思いながらパラパラとレシピ本を眺めていたところ、とても夏らしいメニューを発見したので作ってみました。

焼いたプチトマトとポン酢の酸味がうまくマッチして、食欲がないときでも食べられそうな味わいでした。520kcalです。これは新しいタイプの冷やし中華になりえるくらいのおいしさでした!

こちらのアレンジとして、刻んだミョウガを大葉に替えてみました。私はミョウガ好きですが、苦手な方はこちらの大葉タイプの方がよいかもしれませんね。どちらも薬味の代表選手なので、お好みで替えるのもありです。私はどちらも好きなので両乗せしたいところです!

○4日目: とりひき肉のゆずこしょうパスタ

この日の朝はちょっとお腹が減っていたので、ガッツリ食べられるパスタにしたいと思い、ちょうど冷蔵庫に残っている食材で作れる一品を選びました。

ゆずコショウって、買ったのはいいけれども使いきれないことが多く、ちょうど我が家にも残っていました。なるほどこういう使い方もあるかと勉強になりました。カロリーは530kcalです。

アレンジは温玉&鷹の爪でまろやかかつスパイシーな仕立てに。ゆずコショウと鷹の爪のピリ辛が食欲をそそりながらも、温玉のおかげで口当たりはマイルドに。これはハマる!

○5日目: しらたき酸辣湯麺

実はこの前の日に飲み会があり、明らかに飲み過ぎ・食いすぎで「これはまずい……! 」という気持ちになり、カロリー少なめのしらたきメニューにしました。驚異の143kcalです。私の中ではもはや精進料理並みな気が……!

酸っぱい系のスープは普段あまり作らないのですが、これは食欲がわいてくる味ですね。二日酔いの身体に染みいる味でした。

アレンジには豆板醤ちょい足しをセレクト。元々中華風の味なので豆板醤との相性もぴったりです。

○6日目: 辛みトマト麺

二日酔いも治り、気になっていた一品を作ることにしました。500kcalの辛みトマト麺。トマトラーメン好きなので、これは見た瞬間に旨いと確信しました。

予想通りです。間違いない旨さ! トマトの酸味で箸が止まらない!

アレンジですが、「トマトといえばチーズでしょう」ということで、粉チーズをぶっかけました。これも相性抜群で、洋風ラーメンのような仕上がりになりました。なんだかお店で食べるような味です。これを作れたらモテると思います。これまでにため続けてきた「秘伝のモテレシピリスト」に加えておきます。皆さんにいつか公開する日は…来ないと思います。一子相伝ですから。

●焼きうどんで「やせ麺生活」終了! その結果は……
○7日目: 牛オイスター焼きうどん

とうとうやってきた最終日。最後は、このレシピ本の中で最も食べたかったガッツリ系メニューを作りました!

これで415kcal。マジか! 嘘みたいですよね? この旨さと満腹感で500kcalを下回っているなんて!!

アレンジバージョンは、薄味の中華スープをぶっかけました。麺自体にオイスターソースで味付けしているので、スープにも旨みが溶け出して最高の味わいとなりました。

○久々に「外食ラーメン」生活を解禁だ

長いようで短かった7日間の「やせ麺生活」はこれにて終了です。麺ばかり食べて「もう麺は飽きたよ! 」という気持ちになるのかなと思いきや、そんなことは全くありませんでした。むしろ、毎日麺を食べて楽しかった思い出しか残っておりません。麺類って本当にすばらしいですね!

さて体重はどう変化したのか……!

おおっ、ギリギリ減ってる……。数百グラムなので誤差の範囲内と思われるかもしれませんが、事実として減っていたのでよしとしましょう。これはダイエット成功です(無理やり言い切る)。というよりも、麺ばかり食べても太らなかったという点に着目すべきでしょう!

今回いろいろレシピを作ってみて思ったのが、どのレシピも野菜をしっかり使っているということでした。基本的に麺の量は「1人分=1人前」でしたが、「麺の量を減らして野菜を多くする」なんてアレンジをしてもいいかと思います。

「麺はダイエットの大敵」と思っていましたが、うまく野菜を組み合わせれば全くそんなことはありませんでした。むしろ、満足感も得られながらダイエットもできる食材だということがわかりました。麺類最高!

というわけで、しばらく自粛していた「外食ラーメン」にも手を出していいんじゃないかという気にもなってきました。まずはつけ麺大盛りで、トッピングも全部乗せいっちゃいますよ!(1週間が台無し)

○筆者プロフィール: キムケン

東京都内の会社に勤めている30代男性。旦那より稼ぎの良い妻の健康を守るため、日々料理を作っている。料理にまつわる四コマ漫画と、そのレシピ掲載したブログ「木村食堂」をほぼ毎日更新中。2016年10月に「うちメシ - ゆかいな我が家の漫画とレシピ」を上梓。
(キムケン)

関連記事(外部サイト)