銀座HSクリニック、オンラインで薄毛診療から薬の配送まで行うシステム導入

銀座HSクリニック、オンラインで薄毛診療から薬の配送まで行うシステム導入

画像提供:マイナビニュース

銀座HSクリニック(東京都中央区)はこのほど、Webを通して外来の受付からビデオチャットでの診察、決済、薄毛治療薬などの配送までを提供する「薄毛オンライン診療」を開始した。同診療システムには、メドレーが提供するオンライン診療アプリ「CLINICS」を採用している。

同院には、AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)など、男女問わず薄毛に悩む患者が多く来院する。しかし、遠方に住んでいたり、多忙であったりと、さまざまな事情から定期的に通院できない人も多いとのこと。薄毛治療は何度も通院する必要があるが、治療をあきらめる人も多いという。

今回導入したオンライン診療は、このように定期的な通院が難しい人の負担を減らすことを目的に開発したもの。多数の治療実績のある薄毛専門医が頭皮の状態を確認し、症状や性別に合わせた治療薬を処方する。

診察は、手持ちのスマートフォンやタブレット端末、パソコンで自宅や職場など都合のいい場所で行うことができる。ビデオチャットを起動して待機していれば、予約日時になると診察が始まるという。

会計は、予約時に登録したクレジットカードに対して自動的に決済が行われる。診察・会計とも待ち時間がないため、ストレスなく受診できる。処方薬や育毛剤は、予約時に登録した住所に配送される。通院する必要がないため、交通費など治療費以外の費用はかからないという。
(フォルサ)

関連記事(外部サイト)