秋葉原に新スタイルの横丁が登場! 毎月店舗が変わる"進化形横丁"とは?

秋葉原に新スタイルの横丁が登場! 毎月店舗が変わる"進化形横丁"とは?

画像提供:マイナビニュース

AATJは7月14日〜10月31の期間限定で、"進化形横丁"「TOKYO UMAI YOKOCHO(東京うまい横丁)」を、秋葉原駅高架下(東京都千代田区神田練塀町)にオープンする。

同施設は、「和牛」「寿司」「餃子」などの、日本が誇る"おいしいもの"と"日本の食文化"を世界へ発信していくことがコンセプト。日本で初めて毎月出店店舗のテーマが変わる&居心地空間を大切にした、"進化形横丁"という新しいスタイルを提案する。

立地は、秋葉原電気街口から御徒町方面に歩いて約3分。どこかノスタルジックな雰囲気の"横丁"の趣と、日々の喧騒からホッと一息つけるオアシス空間となっている。施設内に並ぶ8台のキッチンカーに、個性豊かな選りすぐりの店舗が昼夜を問わずこだわりの食事を提供。毎月出店店舗のテーマも変わり、月によっていろいろな横丁が登場するのが"進化形横丁"なる所以だ。

出店テーマは、7月が「餃子屋が作る本気飯(めし)」&「餃子」。8月が「肉屋が作る本気のカレー」&「肉料理」に決定。それぞれ、2大フードフェス「餃子フェス」と「肉フェス」がプロデュースを担当する。また、餃子や肉以外にも「うま横」ならではの本気メニューも登場。各店舗自慢のメニューが並ぶため、食べ比べしての全店舗制覇もおすすめだ。 なお9月、10月のテーマは後日発表される。

開催日は、7月14〜30日/テーマ「餃子」。8月1〜30日/テーマ「肉」。時間は、12時〜22時30分(L.O.22時)。開催場所は、秋葉原-御徒町駅間 高架下。入場無料となっている。
(エボル)

関連記事(外部サイト)