毛抜きが2位! 女性200名が最も支持したムダ毛処理方法は?

毛抜きが2位! 女性200名が最も支持したムダ毛処理方法は?

画像提供:マイナビニュース

女性は男性に比べて特有の悩み事が多い。だが、女性同士の普段の会話でそのようなテーマの話は意外としないもの。その好例の一つとして「ムダ毛処理」が挙げられるだろう。

ほとんどの女性が定期的に脱毛をしているが、その方法は人それぞれで異なる。それだけに、ほかの女性はどのようにケアをしているのか気になるというのが本音ではないだろうか。そこで今回、女性のマイナビニュース会員195名に「脱毛方法」に関するアンケートを実施したので、その方法を選んだ理由と一緒に紹介しよう。

Q. ムダ毛のお手入れで使用している(していた)方法を教えてください

1位: カミソリ(61.0%)
2位: 毛抜き(49.7%)
3位: エステ・クリニック(43.6%)
4位: 電気シェーバー(24.1%)
5位: 家庭用脱毛器(21.5%)

■カミソリ
・「男性のひげの処理と同じで、カミソリが一番手っ取り早くてきれいに剃れた感があるから」(46歳女性/その他/その他)
・「手軽にお風呂で毎日できるから」(40歳女性/アウトソーシング/事務・企画・経営関連)
・「やはり自分の手と感覚で剃るのが確実だと思うから」(19歳女性/その他/その他)
・「処理の結果が一目瞭然だから」(27歳女性/その他/その他)
・「直接の痛みもないし、こまめにカミソリを使うのが手っ取り早くて安上がりな方法だと思う。お金さえあるなら永久脱毛が理想的」(27歳女性/食品/専門職関連)

■毛抜き
・「毛根からしっかりと処理できて、処理後もきれいなので」(38歳女性/百貨店/事務・企画・経営関連)
・「痛いが、剃るよりはすぐに生えてこないから」(40歳女性/その他/その他)
・「毛抜きが良いと思います。生えてくるまでに時間がかかるので、脱毛の頻度を減らせます」(34歳女性/ソフトウェア・情報処理/事務・企画・経営関連)
・「なんだかんだで確実でした」(50歳女性/不動産/営業関連)

■エステ・クリニック
・「お金をかけた分、完璧な仕上がりになるから」(31歳女性/銀行/事務・企画・経営関連)
・「時間がかかるが、だんだん処理が楽になっていくから」(25歳女性/システムインテグレータ/IT関連技術職)
・「毛が埋没することなく、きれいに脱毛できたから」(32歳女性/医療・福祉・介護サービス/事務・企画・経営関連)
・「完了したら二度としなくていいから」(35歳女性/その他/その他)

■電気シェーバー
・「一時的でも比較的に均等に剃れる」(40歳女性/その他/その他)
・「手軽だから」(35歳女性/銀行/事務・企画・経営関連)
・「脱毛する際に毛が長い場合は、予めコーム付きのシェーバーで脱毛してから、残ったミリ単位の短い毛をもう一度短い用のシェーバーで脱毛します。その際に石鹸やクリームなどですべりをよくするといった方法ですると毛が寝てしまって上手に脱毛できないので、肌や毛が乾いた状態で行うときれいに脱毛できると思います」(49歳女性/教育/専門サービス関連)

■家庭用脱毛器
・「楽だった」(22歳女性/その他/その他)
・「次に生えてくるまでの期間がカミソリなどより長いから」(47歳女性/ビル管理・メンテナンス/専門サービス関連)
・「痛いが根元から抜けるから」(33歳女性/その他/事務・企画・経営関連)

■総評

回答者の脱毛方法で61.0%と断トツだったのは「カミソリ」。理由としてはお金も時間もかからず、てっとり早く確実に処理ができるというのが圧倒的に多かった。

2位は「毛抜き」(49.7%)。1位のカミソリに比べると手間はかかるが、処理跡もきれいで、次に生えてくるまでの時間が長く、脱毛の頻度を減らせるといった理由で支持されているようだ。

3番目は「エステ・クリニック」。回答者のほとんどが、お金も時間もかかるが、最も確実できれいに処理ができる方法として満足度の高さを指摘している。処置が完了した後は、手入れが不要になるか、楽になる点も多くの人が挙げていた。

4位と5位にはそれぞれ「電気シェーバー」(24.1%)と「家庭用脱毛器」(21.5%)がランクイン。1位のカミソリや2位の毛抜きを電動で行える機器で、機械の手を借りてより手軽で効率的に処理できる方法として選んでいる人が多いようだ。

処理方法は「エステサロン派」と「自己処理派」に分かれたが、「エステの満足度が高いのはわかっていてもお金も時間もかけられない人」が選ぶ方法として、その対極にあるカミソリが最も多いというのは興味深い結果だった。

※写真と本文は関係ありません

調査時期: 2017年6月16日
調査対象: 女性のマイナビニュース会員
調査数: 195名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

関連記事(外部サイト)