ドトールコーヒーの新業態! 約3,000冊の書籍と出会えるブックカフェが登場

ドトールコーヒーが新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」を池袋に出店

記事まとめ

  • ドトールコーヒーは新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」を出店
  • 独自の選書センスで人気の高い神楽坂「かもめブックス」代表の柳下恭平氏とコラボ
  • ブックカバーで袋とじの「シークレットブック」は、読んでみるまでのお楽しみ

ドトールコーヒーの新業態! 約3,000冊の書籍と出会えるブックカフェが登場

ドトールコーヒーの新業態! 約3,000冊の書籍と出会えるブックカフェが登場

画像提供:マイナビニュース

ドトールコーヒーは6月30日、Cafe&Bookの新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」を、東京メトロ池袋駅直結の駅ビル「Esola(エソラ)池袋」4階(東京都豊島区西池袋)に出店した。

同店のコンセプトは、「Coffee Meets Books」。独自の選書センスで人気の高い神楽坂「かもめブックス」代表で、書店をはじめとする店舗の企画・運営を行うプロジェクトチーム「エディトリアル・ジェットセット」の柳下恭平氏とコラボレートした、本と珈琲の新しいブランドとなる。

本屋に併設するカフェではなく、喫茶店の中で思いがけない本との出合いや読書の時間を愉しんでもらうため、取り扱う約3,000冊の本は柳下氏が「新たな本との出合い」をテーマに選書しているという。

店名の梟(ふくろう)には、3つの意味を込めた。池袋(ふくろ(う))にある、販売する本がすべて袋(ふくろ(う))とじの本屋。そして、「かもめブックス」と同じような親しみを込めて「ふくろう」という鳥の名前を冠した。そこに、本を愉しむ「書房」、珈琲を愉しむ「茶房」をあわせ、「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」とした。

日本スペシャルティコーヒー協会副会長、同トレイニング委員長を務める菅野眞博氏(同社取締役)がコンセプトに合わせて開発した「梟(フクロウ)ブレンド」は、グアテマラをメインにビターチョコレートのような深いコクとボディ感を表現した深煎りコーヒーとなる。オーダーを受けてからサイフォンで丁寧に抽出する。

約3,000冊の書籍のうち、販売する約2,000冊の書籍はすべて梟書茶房(フクロウ ショサボウ)オリジナルブックカバーで袋とじされた「シークレットブック」で、中身は読んでみるまでのお楽しみ。表紙に書かれた紹介文と自分のインスピレーションだけが、運命の一冊と出合う手掛かりとなる。

店内の客席は「珈琲と食事を楽しむ」「読書と珈琲を楽しむ」「物思いに耽る」「お喋りする」の4つのテーマで空間デザインされており、その日の気分で使い分けることが可能となる。

開店日は6月30日。所在地は東京都豊島区西池袋。客席数は禁煙116席(テラス喫煙可)。営業時間は10時30分〜22時(ラストオーダー 21時30分)。
(エボル)

関連記事(外部サイト)