今度こそ! 日清"売れなかった"黒歴史の3品を復活--売れなかった理由も公開

今度こそ! 日清"売れなかった"黒歴史の3品を復活--売れなかった理由も公開

画像提供:マイナビニュース

日清食品は7月3日、「日清の黒歴史トリオ」シリーズ3品を全国で販売した。今回販売するのは、過去に発売したものの思ったように売れず"黒歴史"とされている「カップヌードル サマーヌードル」「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」「日清焼そば熱帯U.F.O.」(各税別180円)の3品。パッケージでは発売当時のデザインを再現しつつ、それぞれ黒歴史を自虐的に紹介しているという。

「カップヌードル サマーヌードル」は、レモングラスの香りや酸味と辛みをきかせた、すっきりとした後味のトムヤム風スープが楽しめる1品。1995年に発売した商品で、当時は使用しているレモングラスがレモン味と誤解されたために、売れゆきが良くなかったとのこと。エスニックブームに乗って、今回登場となる。

「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」は、かつおだしをベースにほうじ茶の香りとわさびの風味でアクセントを加えたつゆが味わえるうどん。2002年発売当時は、だし、天ぷら、お茶づけを組み合わせた商品コンセプトが伝わらずに売れなかったとのこと。今回はだしブームに乗っての復刻発売となる。

「日清焼そば熱帯U.F.O.」はタイの屋台で食べる"パッタイ風"の甘辛ソース焼そばで、タイブームに乗っての再登場。ソースは、チキン、ポーク、魚醤をベースに、ローストナッツや香味野菜などで香りづけした甘辛の味わいとなっている。2002年の発売当時、商品名から味の想像がしにくかったため売れなかったとのこと。
(フォルサ)

関連記事(外部サイト)