プラレール「富士急行8500系 富士山ビュー特急」電車修理工場にて先行発売

プラレール「富士急行8500系 富士山ビュー特急」電車修理工場にて先行発売

画像提供:マイナビニュース

富士急行は7月17日、プラレール「富士急行8500系 富士山ビュー特急」(税込2,000円)の発売を記念し、富士急行 鉄道技術センターにて先行販売会を開催する。同イベントではオリジナルプラレール「富士急行8500系 富士山ビュー特急」がいち早く購入できるほか、購入特典として「富士山ビュー特急シール」をプレゼントする。

また、普段は入ることのできない電車修理工場を会場としており、整備中の電車などを間近で見ることができる。さらに、プラレールジオラマの展示や購入したばかりのプラレールで遊べるコーナーを設置するなど、プラレールファンが見て・触れて・楽しめるイベントとなる。

富士山ビュー特急は、車窓から世界遺産・富士山の雄大な姿を望むことができる特別な列車。世界的な観光地である富士山エリアを訪れる人々に、「移動中の車内からも富士山の美しさ・雄大さをゆったりと堪能してほしい」との思いから、2016年4月23日に運行を開始した。大きく開いた車窓からは雄大な富士山と豊かな自然が織りなす四季の移ろいを楽しめる。車内でスイーツを提供する「スイーツプラン」も展開している。

プラレール「富士急行8500系 富士山ビュー特急」そのものは、7月27日から一般発売となる。今回の先行販売会では事前に購入できるほか、会場限定特典として、「富士山ビュー特急」シールをプレゼントする。1回の購入につきひとり5個までの販売となる。なお、商品には乾電池・レールは付属していない。会場ではレールや車両など、プラレール商品の販売も行う。

先行販売会は7月17日10:00〜15:00に、富士急行 鉄道技術センター(富士急行線富士山駅徒歩3分)にて実施する。

関連記事(外部サイト)