「電球カクテル」ってなんだ!? 今年の「酒フェス」はSNS映えもバッチリ!

「電球カクテル」ってなんだ!? 今年の「酒フェス」はSNS映えもバッチリ!

画像提供:マイナビニュース

酒フェス実行委員会は7月28日〜7月30日、利き酒&飲み比べイベント「酒フェス流 電気ソーダ」をBBQ Lounge CRIB(東京・芝浦)で開催する。同イベントでは、話題の韓国発「電球ソーダ」をアレンジした「電球カクテル」として提供する。

「電球ソーダ」とは、電球の容器にカラフルなソーダを入れ、付属のライトを光らせる韓国発のドリンク。今回はその電球ソーダの中身をカクテルにアレンジした、「電球カクテル」として展開する。

今回提供するカクテルは、夏らしい「マリブコーク」や「ブルーハワイ」など全10種類。カクテルに限らず、ビールや焼酎なども用意しており、電球ソーダの試飲も可能。そのほか、BBQも食べ放題で天候によっては流し素麺も楽しめる。

また、電球カクテルの容器については、自分が飲んだ分は何個でも持ち帰ることができ、インテリアなどに再利用することもできる。

同イベントは、満20歳以上の人のみが参加可能となる。参加費は3,500円(税込)で、SNS割引特典もある。アクセスは、JR各線の浜松町駅南口から徒歩8分。または、JR各線田町駅芝浦口(東口)からは、徒歩14分となる。

関連記事(外部サイト)