50〜60代の97%が「目に不調あり」 - どんな症状で悩んでいる?

50〜60代の97%が「目に不調あり」 - どんな症状で悩んでいる?

画像提供:マイナビニュース

オレンジページはこのほど、「目の健康」についての調査結果を明らかにした。同調査は5月26日〜30日、50〜60代の男女398人を対象にインターネットで実施したもの。

ふだんから目の健康について気になることがあるか尋ねたところ、97.2%が「ある」と回答した。具体的にどんなことが気になるか聞くと、最も多いのは「小さい文字が見にくい」(68.2%)となった。

2位は「目が疲れやすい」(66.1%)、3位は「視力が以前より下がっている」(57.6%)だが、これらの症状は老眼によって引き起こされているケースが多いという。老眼なのに眼鏡をかけずに頑張っていたり、老眼が進んでいるのに眼鏡を作り変えていなかったりすると、眼精疲労になり、視力が下がったり老眼がより進んだりするとのこと。

50〜60代の目の不調はどれか一つではなく、複数あるというのが特徴だという。「目がかすむ」(43.9%)、「ピントが合いにくい」(43.9%)のほか、ドライアイの特徴である「目が乾く」「目がショボショボする、ゴロゴロする」(各26.6%)という回答も多くなっている。

目の健康や目の不調の改善のために何か行っているか尋ねたところ、81.4%が何らかのケアをしていると回答した。最も多い回答が「目薬をさす」(54.3%)で、「目を休めるようにする」(37.9%)、「なるべく遠くのものを見るようにする」(19.6%)、「テレビは離れて見る」(10.1%)なども多かった。

積極的にセルフケアに取り組む人も多く、「目のツボを押す、マッサージをする」は19.6%、「サングラスなどで紫外線対策をする」は16.1%、「サプリメントを飲む」は13.8%、「目を温める」は11.6%が実践していることがわかった。

目薬を使用していると回答した人に、使用頻度について尋ねたところ、62.0%が「ほぼ毎日」と回答した。25.5%が「1週間に2〜3日程度」、6.9%が「1週間に1日程度」と答えている。

目薬の選び方に悩むことがあるか聞くと、50.9%が「ある」と答えた。どんな点を基準に目薬を選ぶか尋ねたところ、最も多いのは「パッケージに書いてある効能」(56.0%)、次いで「成分表示」(29.2%)、「価格の安さ(特売かどうか)」(25.0%)、「爽快感」(23.6%)となっている。
(フォルサ)

関連記事(外部サイト)