なか卯の「親子丼」が一新! 鶏肉25%増量でどこを食べても肉が出てくるぞ

なか卯の「親子丼」が一新! 鶏肉25%増量でどこを食べても肉が出てくるぞ

画像提供:マイナビニュース

なか卯は7月27日、「親子丼」を全国の「なか卯」店舗でリニューアル発売する。1994年に初登場し、それ以来看板メニューとして売り出されてきた同商品。その初リニューアルでは、どんな点が変わったのだろうか。ひと足先に食べてみた。

○鶏肉25%増量でボリュームアップ

今回リニューアルされた点は、鶏肉の量。従来より25%増量したが、価格は据え置きで、ミニが税込350円、並が税込490円、大盛が税込550円となる。また、これまでの「なか卯」の丼にはなかった特盛(税込650円)が追加された。特盛は、大盛と同じ量のご飯に、並の1.5倍の肉が盛られている。さらに、特盛の場合のみ、「こだわり卵」(税込70円)が無料でトッピングされている。

実際にリニューアルされた「親子丼」を食べてみると、大ぶりだが柔らかい鶏肉がたっぷりと出てきた。かつお節やこんぶなどからダシを取った特製割り下を使用しているので、玉子からは濃厚なうま味をしっかりと感じられる。玉子の半熟具合も絶妙で、とろとろふわふわの食感はリニューアル後も健在だ。

鶏肉が25%増量されたことで、どこを食べてもごろっとした肉が出てくる同商品。特盛が登場したことで、ボリュームアップはもちろんのこと、より満足できる「親子丼」として進化していた。
(福田啄也)

関連記事(外部サイト)