「フレッシュネス」からベーカリー誕生! バーガー以外の手作りパンも販売

「フレッシュネス」からベーカリー誕生! バーガー以外の手作りパンも販売

画像提供:マイナビニュース

フレッシュネスは7月24日、新業態「フレッシュネスベーカリー」をスタートする。「素材にこだわったシンプルなパンを、手間ひまかけて美味しく焼き上げる」をコンセプトとしたベーカリーで、同日オープンする「フレッシュネスバーガー 聖路加タワー店」(東京都中央区)に併設する。

同社は、こだわりの国産新鮮野菜や低糖質バンズなど、健康に配慮した商品を展開するハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」の新たな挑戦として、同ベーカリーを開店する。

メニューは常時40〜50種を用意し、小麦粉に大豆粉やふすまを加えた「ロカボ(低糖質)食パン」や、フルーツ、野菜を使用した「デニッシュ」シリーズ、定番の「こしあんぱん」「クリームパン」「メロンパン」なども提供する。

また同社は、昨今のパンブームで手作りパンの価格帯は上昇していると言うが、いつでも気軽に楽しめることを目指し、100〜200円台の価格帯の商品を中心に展開する。バゲット(150円)、メロンパン(160円)、ロカボくるみパン(140円)など、リーズナブルな価格で提供する。

同ベーカリーは、素材一つひとつにこだわり、使用する小麦も厳選し、パンに使用するクリームやジャム、フィリングは店内厨房で丁寧に手作りする。また、厨房はガラス張りで、パンを焼き上げる過程を見ることもできる開放的な店内となる。

「フレッシュネスベーカリー 聖路加タワー店」の営業時間は、平日8時〜21時まで、土日祝は9時〜19時まで。店内の座席数は22卓48席、全席禁煙となる。

※価格は全て税別

関連記事(外部サイト)