ガラスジャーが大活躍! 100均DIYで雰囲気のある「明かり」が簡単に作れる

ガラスジャーが大活躍! 100均DIYで雰囲気のある「明かり」が簡単に作れる

画像提供:マイナビニュース

雑貨デザイナーの宇田川一美です。本格的に夏がやってきましたね! 休日に野外で過ごすのも楽しい時期です。少し日の落ちた、夏の夕暮れの時間にぴったりな明かりの雑貨を作ってみました。組み合わせるだけのカンタンDIYです。

本体は、蓋付きのガラスの保存ジャーを逆さにしたもの。中にミニLEDランプを入れています。ハンギングできるよう、持ち手を長くしました。

○さあ、作ってみましょう

使う材料は、左から、ワイヤー、ミニLEDライト、ガラスジャーです。ガラスにカット模様があるジャーを選びました。

ジャーを逆さにした状態で、持ち手になるようにワイヤーをあてます。この時、片側のワイヤーは蓋の下から10cmほど残しておきます。

片側のワイヤーを90度曲げて、ジャーの周囲にグルリと巻きつけていきます。

ワイヤーを1周したら、ハンドルの根元でカットし、ワイヤー同士をねじって留めます。ガラスジャーの蓋と本体の間にワイヤーがくるように調節します。

○持ち手にハンドルをつけます

持ち手とは別に用意した短めのワイヤーを鉛筆に巻き、コイル状にしていきます。

作ったコイルのパーツを持ち手に絡ませていきます。これで指あたりのいい持ち手になります。

○ランプを入れてみましょう

ガラスジャーのフタにLEDライトを置きます。スイッチをオンにして、ジャー部分を被せて蓋を閉める。

○できあがり

ガラスジャーのカットした部分から明かりが透けて、いい具合にできあがりました。

発想の転換で、ガラスジャーを逆さまにした時にアイデアが湧いたこのランプ。明かりがユラユラとゆらぐ仕様のランプだと、まるで本物の炎のようです。アウトドアだけでなく、お部屋の中に置いても◎。眺めているだけでもリラックスできそうです。ぜひ、作ってみてください。

○著者プロフィール: 宇田川一美(うだがわかずみ)

雑貨デザイナー。フリーでメーカーとの商品企画や販促やMD 提案など、雑貨に関する多様な事に関わっています。また、手づくりのワークショップも行っています。
著書に『イラストとクラフトで手づくりライフログノート』(技術評論社)
『ちょいワザ文具術』(ポプラ社)など。
→Twitter: @udagawa_kazumi
→Instagram: @udagawa_k
→Facebook: facebook.com/k_udagawa/
(宇田川一美)

関連記事(外部サイト)